週刊ベースボールONLINE

12球団プレーヤーズ完全ファイル

主力投手の全球種割合付き 2019ヤクルト プレーヤーズ完全ファイル【投手編】

 

データ提供=(株)共同通信デジタル。投手の被打率ヒートマップ、打者のホットゾーンは投手側から見たもの。2019年成績、投手球種割合と打者のホットゾーンなどは2019年シーズン終了時点。安打打球方向の外野の安打数は本塁打も含む。ポジションは編集部判断の適性ポジション
【名鑑凡例】(1)生年月日=年齢[2019年の満年齢](2)投打(3)身長・体重(4)出身地(5)球歴・入団経路。[]内数字はドラフト指名順位※02年以降の入団選手は巡目、06〜08年は高校生・大学生・社会人それぞれのドラフト巡目、自は自由獲得枠、希は希望入団枠、外はドラフト外での入団。育は育成選手として登録。外国人選手の経歴は入団年及びメジャー出場チーム=プロ[NPB]在籍年数(6)19年推定年俸[単位は万円、昨年比△は増、±は同額、▼は減](7)初出場、初登板年月日、相手=球場(8)主なタイトルと受賞年度。ノンタイトルの場合は思い出のシーンなど(9)既婚。独身者は好きなタレント、理想のタイプ(10)血液型

投手陣が崩れて最下位へ転落


 エースとして期待された小川泰弘が大きく負け越し、新加入の高梨裕稔寺原隼人、スアレスも満足に働けなかった。勝ち頭は39歳左腕の石川雅規で8勝。6月には球団ワーストタイとなる16連敗を喫するなど、上位争いに熱が帯びたセ・リーグで蚊帳の外だった。自慢の強力打線もトップバッターの坂口智隆を開幕早々のケガで失い、つながりを欠いた。山田哲人は史上5番目の若さで通算200号本塁打に到達し、史上初となる4度目のトリプルスリーを逃すも、30本塁打&30盗塁はクリア。19歳の村上宗隆は10代記録を次々と塗り替える活躍を見せ、36本塁打、96打点で希望の光となった。小川監督が退任し、来季からは高津臣吾新監督の下で雪辱を期す。

【編集部選定 投手MVP】19 石川雅規(投手/先)

39歳で迎えた今季はチームトップの8勝をマークし2つ勝ち越した。最速は139キロにとどまるも、6種類の変化球を駆使した熟練の投球術で積み上げた通算勝ち星は「171」。8月14日のDeNA戦[神宮]では8回一死まで無安打の快投を見せるなど、実力は健在だ

【2019】23試合、124.1回、8勝6敗0S0H、防御率3.84、被安打117、被本塁打18、与四球26、88奪三振、奪三振率6.37、自責点53
【名鑑】(1)1980.1.22生=39歳(2)左左(3)167cm73kg(4)秋田(5)秋田商高-青学大-ヤクルト02自=18年(6)9500▼(7)02.4.4広島=神宮(8)新人王02、最優秀防御率08、ゴールデングラブ08(9)既婚(10)A


29 小川泰弘(投手/先)

先発試合数、イニング数ともにチームトップの数字でフル回転を見せたが、勝ち星を伸ばせず苦しんだ。来季こそはエースとしてチームに貯金をもたらす

【2019】26試合、159.2回、5勝12敗0S0H、防御率4.57、被安打173、被本塁打26、与四球36、132奪三振、奪三振率7.44、自責点81
【名鑑】(1)1990.5.16生=29歳(2)右右(3)171cm80kg(4)愛知(5)成章高-創価大-ヤクルト13[2]=7年(6)9200△(7)13.4.3広島=マツダ広島(8)新人王13、最多勝利13、勝率第一位13(9)香里奈、柴咲コウ(10)A


28 デビッド・ブキャナン(投手/先)

7月までわずか1勝と低迷するも、8月に3勝負けなし、防御率1.64の好投を見せて月間MVPを受賞。しかし終わってみれば4勝止まりと、来日3年目でワーストの成績だった

【2019】18試合、99.2回、4勝6敗0S0H、防御率4.79、被安打118、被本塁打10、与四球33、58奪三振、奪三振率5.24、自責点53
【名鑑】(1)1989.5.11生=30歳(2)右右(3)191cm90kg(4)米国ジョージア州(5)ジョージア州立大-フィリーズ10[7]-ヤクルト17=3年(6)27500△(7)17.4.4阪神=京セラドーム(9)既婚


47 高橋奎二(投手/先)

19試合に先発するなど、一軍で貴重なキャリアを積んだシーズンとなった。右足を大きく上げる「ライアン投法」で躍動感を取り戻した。次なる目標は2ケタ勝利だ

【2019】20試合、95.1回、4勝6敗0S0H、防御率5.76、被安打99、被本塁打14、与四球53、99奪三振、奪三振率9.35、自責点61
【名鑑】(1)1997.5.14生=22歳(2)左左(3)178cm73kg(4)京都(5)龍谷大平安高-ヤクルト16[3]=4年(6)700△(7)18.9.5中日=神宮(8)14年のセンバツ準決勝(9)明るくて優しい人(10)O


14 高梨裕稔(投手/先)

日本ハムから移籍してきた右腕は、チームの期待に応えることができなかった。序盤に崩れることが多く、シーズン終盤には中継ぎに回ることも。好不調の波を小さくしたい

【2019】21試合、78回、5勝7敗0S0H、防御率6.23、被安打90、被本塁打13、与四球34、82奪三振、奪三振率9.46、自責点54
【名鑑】(1)1991.6.5生=28歳(2)右右(3)187cm90kg(4)千葉(5)土気高-山梨学院大-日本ハム14[4]-ヤクルト19=6年(6)3600±(7)15.5.3ロッテ=QVCマリン(8)新人王16(9)本田翼(10)B


16 原樹理(投手/先)

先発の中心として期待されるも、わずか12試合の登板に終わった。得意のシュートを生かした攻めで再浮上目指す

【2019】12試合、74回、3勝7敗0S0H、防御率4.86、被安打85、被本塁打10、与四球19、57奪三振、奪三振率6.93、自責点40
【名鑑】(1)1993.7.19生=26歳(2)右右(3)180cm79kg(4)兵庫(5)東洋大姫路高-東洋大-ヤクルト16[1]=4年(6)4000△(7)16.3.27巨人=東京ドーム(8)大学4年時に東都大学秋季リーグの入れ替え戦で勝利し一部に昇格したこと(9)三吉彩花(10)A


37 スコット・マクガフ(投手/中・抑)

来日1年目からブルペンの柱としてフル回転を見せ、65試合登板はチーム3位の数字。救援投手では最多となる6勝をマークし、石山の代役としてクローザーを務めることも

【2019】65試合、68.2回、6勝3敗11S18H、防御率3.15、被安打71、被本塁打2、与四球22、64奪三振、奪三振率8.39、自責点24
【名鑑】(1)1989.10.31生=30歳(2)右右(3)180cm86kg(4)米国ペンシルベニア州(5)オレゴン大-ドジャース11[5]-マーリンズ-ヤクルト19=1年(6)5500(7)19.3.30阪神=京セラドーム


38 梅野雄吾(投手/中)

高卒3年目の今季、シーズン完走を果たすなど大きな一歩を記した。勝ちパターンの一角に組み込まれ、石山の代役で9回も任されることも。強気な投球が身上だ

【2019】68試合、67.2回、2勝3敗4S28H、防御率3.72、被安打55、被本塁打7、与四球25、77奪三振、奪三振率10.24、自責点28
【名鑑】(1)1999.1.13生=20歳(2)右右(3)175cm84kg(4)福岡(5)九産大九産高-ヤクルト17[3]=3年(6)1100△(7)17.8.9DeNA=神宮(8)高校2年秋の福岡大会優勝(9)リードしてくれる女性(10)A


45 デーブ・ハフ(投手/中)
【2019】68試合、65.2回、1勝5敗3S26H、防御率3.97、被安打58、被本塁打6、与四球21、58奪三振、奪三振率7.95、自責点29
【名鑑】(1)1984.8.22生=35歳(2)左両(3)185cm95kg(4)米国カリフォルニア州(5)サイプレス大-カリフォルニア大-インディアンス06[1]-ヤンキース-ジャイアンツ-ヤンキース-ドジャース-エンゼルス-韓国/LG16途-ヤクルト18=2年(6)7150▼(7)18.4.4広島=神宮(9)既婚

34 山田大樹(投手/先)
移籍後初勝利
【2019】14試合、62.1回、5勝4敗0S0H、防御率3.90、被安打70、被本塁打10、与四球16、45奪三振、奪三振率6.50、自責点27
【名鑑】(1)1988.7.30生=31歳(2)左左(3)189cm99kg(4)茨城(5)つくば秀英高-ソフトバンク07育[1]、10-ヤクルト18=10年(6)1300▼(7)10.6.10横浜=ヤフードーム(8)プロ初勝利。育成ドラフト出身投手初の先発白星に(9)既婚(10)B

20 近藤一樹(投手/中)
登板数は減ったがフル回転
【2019】59試合、53回、3勝3敗0S19H、防御率3.57、被安打57、被本塁打6、与四球32、54奪三振、奪三振率9.17、自責点21
【名鑑】(1)1983.7.8生=36歳(2)右右(3)183cm80kg(4)神奈川(5)日大三高-近鉄02[7]-オリックス05、15育、15途-ヤクルト16途=18年(6)6000△(7)03.10.7オリックス=ヤフーBB(8)最優秀中継ぎ18(9)既婚(10)A

53 五十嵐亮太(投手/中)
【2019】45試合、42.1回、5勝1敗0S4H、防御率2.98、被安打35、被本塁打4、与四球24、33奪三振、奪三振率7.02、自責点14
【名鑑】(1)1979.5.28生=40歳(2)右右(3)178cm95kg(4)北海道(5)敬愛学園高-ヤクルト98[2]-メッツ10-ブルージェイズ12-ヤンキース12途-ソフトバンク13-ヤクルト19=19年(6)2000▼(7)99.4.20中日=神宮(8)最優秀救援04(9)既婚(10)A

15 大下佑馬(投手/中)
中継ぎで本領発揮はならず
【2019】31試合、41.2回、0勝2敗0S2H、防御率5.18、被安打52、被本塁打7、与四球12、30奪三振、奪三振率6.48、自責点24
【名鑑】(1)1992.7.6生=27歳(2)右左(3)179cm83kg(4)広島(5)崇徳高-亜大-三菱重工広島-ヤクルト18[2]=2年(6)1500△(7)18.6.23巨人=東京ドーム(8)高校3年夏のコールド負けを喫した広陵高戦(9)新垣結衣(10)O

12 石山泰稚(投手/抑)
負傷離脱もあり不完全燃焼に終わる
【2019】34試合、33回、2勝2敗10S5H、防御率2.73、被安打30、被本塁打2、与四球8、31奪三振、奪三振率8.45、自責点10
【名鑑】(1)1988.9.1生=31歳(2)右右(3)182cm75kg(4)秋田(5)金足農高-東北福祉大-ヤマハ-ヤクルト13[1]=7年(6)10000△(7)13.4.14巨人=東京ドーム(8)抑えた試合よりも打たれた試合しか記憶に残らない(9)既婚(10)A

17 清水昇(投手/先)
先発として期待されたドラ1右腕だが、結果残せず
【2019】11試合、26回、0勝3敗0S0H、防御率7.27、被安打33、被本塁打7、与四球13、24奪三振、奪三振率8.31、自責点21
【名鑑】(1)1996.10.15生=23歳(2)右左(3)180cm84kg(4)東京(5)帝京高-国学院大-ヤクルト19[1]=1年(6)1400(7)19.6.1DeNA=横浜(8)大学入学時、先輩方の体の大きさを見て驚いたこと(9)中条あやみ(10)O

26 坂本光士郎(投手/中)
【2019】19試合、21.2回、0勝0敗0S3H、防御率5.82、被安打22、被本塁打2、与四球16、15奪三振、奪三振率6.23、自責点14
【名鑑】(1)1994.9.9生=25歳(2)左左(3)179cm75kg(4)広島(5)如水館高-日本文理大-新日鐵住金広畑-ヤクルト19[5]=1年(6)900(7)19.4.24巨人=神宮(8)日本選手権初戦でトヨタ自動車に勝利。全国大会での1勝目(9)ユナ(少女時代)(10)B

67 平井諒(投手/先・中)
2年ぶりの一軍登板で復活勝利もマークした
【2019】20試合、19回、1勝1敗0S4H、防御率8.53、被安打24、被本塁打1、与四球9、13奪三振、奪三振率6.16、自責点18
【名鑑】(1)1991.4.23生=28歳(2)右右(3)184cm78kg(4)和歌山(5)帝京五高-ヤクルト10[4]、16育、16途=10年(6)810▼(7)12.4.5阪神=神宮(8)高校2年夏の愛媛大会でノーヒットノーラン(9)清潔感のある人(10)O

64 風張蓮(投手/中)
昨季から大きく登板数減。巻き返しが必要だ
【2019】14試合、19回、0勝0敗0S1H、防御率7.11、被安打23、被本塁打5、与四球15、17奪三振、奪三振率8.05、自責点15
【名鑑】(1)1993.2.26生=26歳(2)右右(3)182cm88kg(4)岩手(5)伊保内高-東農大北海道オホーツク-ヤクルト15[2]=5年(6)1800△(7)15.5.3広島=神宮(8)準決勝で敗れた14年の神宮大会(9)既婚(10)AB

70 アルバート・スアレス(投手/先)
来日初登板初先発で初勝利も、故障がちでわずか4試合登板のみに終わった
【2019】4試合、17.2回、1勝1敗0S0H、防御率1.53、被安打11、被本塁打1、与四球5、12奪三振、奪三振率6.11、自責点3
【名鑑】(1)1989.10.8生=30歳(2)右右(3)190cm106kg(4)ベネズエラ(5)ヘススデナザレ高-デビルレイズ06-ジャイアンツ-ヤクルト19=1年(6)4950(7)19.4.25巨人=神宮

35 寺原隼人(投手/先)
【2019】4試合、16回、2勝1敗0S0H、防御率6.19、被安打18、被本塁打2、与四球9、9奪三振、奪三振率5.06、自責点11
【名鑑】(1)1983.10.9生=36歳(2)右右(3)179cm86kg(4)宮崎(5)日南学園高-ダイエー・ソフトバンク02[1]-横浜07-オリックス11-ソフトバンク13-ヤクルト19=18年(6)2200▼(7)02.4.16日本ハム=東京ドーム(8)07年の自身初10勝目(9)既婚(10)A

62 田川賢吾(投手/先)
プロ初勝利をマークした
【2019】4試合、15.1回、1勝2敗0S0H、防御率7.63、被安打23、被本塁打2、与四球6、12奪三振、奪三振率7.04、自責点13
【名鑑】(1)1994.5.22生=25歳(2)右左(3)189cm79kg(4)大阪(5)高知中央高-ヤクルト13[3]、17育、18=6年(6)500±(7)18.4.3広島=神宮(8)高校3年夏の高知大会3回戦の岡豊高戦で無四球の1失点完投勝利(9)長澤まさみ(10)O

13 中尾輝(投手/中)
昨季は中継ぎでフル回転も、今季は結果を残せず
【2019】12試合、14回、0勝1敗0S0H、防御率8.36、被安打17、被本塁打3、与四球8、18奪三振、奪三振率11.57、自責点13
【名鑑】(1)1994.9.14生=25歳(2)左左(3)180cm83kg(4)愛知(5)杜若高-名古屋経大-ヤクルト17[4]=3年(6)2000△(7)17.6.8ソフトバンク=ヤフオクドーム(8)大学2年春、大乱調で負けた試合(9)既婚(10)B

24 星知弥(投手/先・中)
試練の3年目に
【2019】10試合、12.2回、1勝3敗0S0H、防御率8.53、被安打15、被本塁打1、与四球15、10奪三振、奪三振率7.11、自責点12
【名鑑】(1)1994.4.15生=25歳(2)右右(3)183cm78kg(4)栃木(5)宇都宮工高-明大-ヤクルト17[2]=3年(6)1900▼(7)17.4.1DeNA=神宮(8)大学4年秋の神宮大会決勝。先発の柳裕也(現中日)からスイッチし、カバーできたこと(9)既婚(10)O

22 蔵本治孝(投手/中)
一軍の壁を味わった
【2019】8試合、12.2回、0勝0敗0S0H、防御率9.24、被安打26、被本塁打3、与四球3、9奪三振、奪三振率6.39、自責点13
【名鑑】(1)1995.5.16生=24歳(2)右右(3)185cm95kg(4)兵庫(5)神戸国際大付高-岡山商大-ヤクルト18[3]=2年(6)750▼(7)19.6.21ロッテ=神宮(8)大学2年時に右ヒジのトミー・ジョン手術を受けたこと(9)しっかりしている人(10)B

61 久保拓眞(投手/中)
中継ぎとしてデビュー
【2019】16試合、11回、0勝0敗0S1H、防御率5.73、被安打13、被本塁打2、与四球7、11奪三振、奪三振率9.00、自責点7
【名鑑】(1)1996.7.27生=23歳(2)左左(3)175cm75kg(4)佐賀(5)自由ケ丘高-九州共立大-ヤクルト19[7]=1年(6)600(7)19.5.28広島=神宮(8)大学4年秋の神宮大会、一番自信のあるスライダーで、最後の打者から三振(9)新川優愛(10)B

68 山中浩史(投手/先)
再び先発機会を
【2019】4試合、9.2回、0勝2敗0S0H、防御率7.45、被安打10、被本塁打2、与四球2、5奪三振、奪三振率4.66、自責点8
【名鑑】(1)1985.9.9生=34歳(2)右右(3)175cm82kg(4)熊本(5)必由館高-九州東海大-Honda熊本-ソフトバンク13[6]-ヤクルト14途=7年(6)2600▼(7)13.4.3西武=西武ドーム(8)高校3年夏の甲子園(人生初の全国大会)(9)既婚(10)O

18 寺島成輝(投手/先)
3年目もブレークはならず
【2019】3試合、4回、0勝0敗0S0H、防御率2.25、被安打9、被本塁打0、与四球2、0奪三振、奪三振率0.00、自責点1
【名鑑】(1)1998.7.30生=21歳(2)左左(3)183cm90kg(4)大阪(5)履正社高-ヤクルト17[1]=3年(6)1100±(7)17.9.30中日=神宮(8)16年夏の甲子園2回戦の横浜高戦で藤平尚真(現楽天)と投げ合ったこと(9)石川恋(10)O

25 館山昌平(投手/先)
度重なる手術を乗り越えた不屈の右腕も引退を決意した
【2019】2試合、3.1回、0勝1敗0S0H、防御率5.40、被安打5、被本塁打0、与四球2、3奪三振、奪三振率8.10、自責点2
【名鑑】(1)1981.3.17生=38歳(2)右右(3)181cm98kg(4)神奈川(5)日大藤沢高-日大-ヤクルト03[3]=17年(6)2400▼(7)03.7.20中日=札幌ドーム(8)最多勝09、カムバック賞15(9)既婚(10)O

54 中澤雅人(投手/中)
若手の台頭もあり登板機会が減少。正念場だ
【2019】1試合、1.2回、0勝0敗0S0H、防御率21.60、被安打4、被本塁打1、与四球0、1奪三振、奪三振率5.40、自責点4
【名鑑】(1)1985.2.16生=34歳(2)左左(3)179cm80kg(4)富山(5)富山商高-中大-トヨタ自動車-ヤクルト10[1]=10年(6)2100△(7)10.3.30中日=神宮(8)09年都市対抗で日産自動車戦初勝利(9)既婚(10)AB

58 屋宜照悟(投手/中)
【2019】1試合、1回、0勝0敗0S0H、防御率18.00、被安打2、被本塁打1、与四球0、1奪三振、奪三振率9.00、自責点2
【名鑑】(1)1989.3.29生=30歳(2)右左(3)178cm84kg(4)沖縄(5)中部商高-国士舘大-JXENEOS-日本ハム13[6]-ヤクルト17途=7年(6)700▼(7)13.7.15西武=札幌ドーム(8)12年秋の日本選手権決勝(JR東日本戦)で先発したこと(9)既婚(10)A

40 市川悠太(投手/先・中)
1年目は二軍で順調に実戦登板を重ねた期待の右腕
【2019】E18試合、19.1回、1勝0敗0S、防御率2.79、被安打13、被本塁打1、与四球13、22奪三振、奪三振率10.24、自責点6
【名鑑】(1)2001.3.29生=18歳(2)右右(3)184cm75kg(4)高知(5)明徳義塾高-ヤクルト19[3]=1年(6)580(8)高校2年の秋に公式戦全試合を完投して、神宮大会で優勝したこと(9)石原さとみ(10)A

43 村中恭兵(投手/先・中)
【2019】E17試合、21.1回、4勝1敗0S0H、防御率4.64、被安打21、被本塁打1、与四球19、18奪三振、奪三振率7.59、自責点11
【名鑑】(1)1987.10.25生=32歳(2)左左(3)188cm88kg(4)神奈川(5)東海大甲府高-ヤクルト06[1]=14年(6)1400▼(7)06.10.14中日=ナゴヤドーム(8)11年CSファーストステージ第3戦でリリーフし、ファイナル進出を決めた試合(9)既婚(10)B

44 岩橋慶侍(投手/先・中)
プロ6年目は一軍の登板機会がないまま戦力外となった
【2019】E15試合、41回、2勝4敗0S、防御率3.73、被安打44、被本塁打5、与四球13、28奪三振、奪三振率6.15、自責点17
【名鑑】(1)1991.4.23生=28歳(2)左左(3)185cm84kg(4)京都(5)京都すばる高-京産大-ヤクルト14[4]=6年(6)800▼(7)14.5.15巨人=東京ドーム(8)13年秋の大商大戦(9)既婚(10)AB

48 金久保優斗(投手/先・中)
二軍のマウンドで試練を味わった。巻き返しを期す
【2019】E13試合、16.1回、0勝1敗0S、防御率8.27、被安打24、被本塁打3、与四球11、8奪三振、奪三振率4.41、自責点15
【名鑑】(1)1999.11.4生=20歳(2)右左(3)183cm74kg(4)千葉(5)東海大市原望洋高-ヤクルト18[5]=2年(6)500±(8)高校3年春のセンバツ1回戦(滋賀学園高戦)(9)しっかりしている人(10)O

56 鈴木裕太(投手/中・先)
プロで戦える体づくりを継続する
【2019】E19試合、19.1回、0勝2敗0S、防御率8.38、被安打30、被本塁打3、与四球19、11奪三振、奪三振率5.12、自責点18
【名鑑】(1)2000.8.2生=19歳(2)右右(3)182cm93kg(4)新潟(5)日本文理高-ヤクルト19[6]=1年(6)480(8)高校2年夏の甲子園1回戦(鳴門渦潮高戦)で先発するも、3回途中に降板(9)優しい方(10)AB

90 沼田拓巳(投手/中)
【2019】E17試合、22回、0勝0敗0S、防御率6.14、被安打25、被本塁打1、与四球21、20奪三振、奪三振率8.18、自責点15
【名鑑】(1)1994.3.4生=25歳(2)右右(3)184cm87kg(4)愛知(5)大垣日大高-名古屋産大(中退)-エディオン愛工大BLITZ-ドジャース・マイナー14-BCL/群馬15途-BCL/石川17-ヤクルト18[8]=2年(6)580▼(7)18.4.11中日=ナゴヤドーム(10)B

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング