週刊ベースボールONLINE

2019プレミア12総決算

東京2020オリンピックメンバーは?稲葉ジャパンに呼ぶべき24人

 

東京2020オリンピックの出場メンバーを編集部が大予想。プレミア12で見えた収穫と課題を考慮し、招集すべき24選手をピックアップしよう。

甲斐野央は新人ながら今回のプレミア12で最も評価を高めた1人


 プレミア12を初制覇し、10年ぶりに世界一に輝いた。ただし、これは通過点に過ぎない。あくまでも稲葉ジャパンは東京2020五輪で金メダルを獲得するために立ち上げられ、そして強化を重ねてきたチームだからだ。稲葉篤紀監督も大会後、すぐに「東京五輪で再び世界一を獲る」とあらためて決意を口にしており、さらにプレミア12に選出したメンバーが「東京五輪のメンバーのベース」であることを認めている。

 しかし、28人だった今大会の登録メンバーに対し、五輪は24人(投手枠は11人と予想)に絞り込む必要が生じる。ケガやコンディション不良によって参加できなかった選手もおり、特に投手では17年のWBCでも日の丸を背負った菅野智之(巨人)、千賀滉大(ソフトバンク)、則本昂大(楽天)はコンディションさえ問題なければ、先発の3本柱としてメンバー入りすることは確実だろう。

 右の3本柱に続くのが、今大会でも対応力を見せた・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング