週刊ベースボールONLINE

COVER INTERVIEW

西武・中村剛也インタビュー キング奪還の野望 「やっぱり自分の中ではホームランを打ちたい」

 

36歳となった今季、史上20人目の400本塁打を達成した中村剛也。4年ぶりの打点王にも輝くなど復活を果たした。ただ、満足はしていない。アーチへの渇望は不変だ。来季、本塁打王奪還も視野に入れる背番号60にじっくりと話を聞いた。
取材・構成=小林光男 写真=大泉謙也(インタビュー)、BBM


打点王は周囲のおかげ


──クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージで2年連続ソフトバンクに敗退。悔しい思いをしましたね。

中村 CSで負けた後はやっぱり「もう終わっちゃった」と思いましたし、悔しい気持ちは当然あります。日本シリーズでも、ソフトバンクが勢いで一気に巨人を破りましたからね。でも、シーズンではその強いソフトバンクに勝って優勝できましたし、また来季、頂点を目指してやりたいなと思っています。

──今季は123打点をマークして、4年ぶり4度目の打点王に輝きました。

中村 うれしいといえばうれしいです。でも打点って、めぐり合わせの部分が大きい。どの打順を打って、前にどんな打者がいるかなどもかかわってきて、自分一人の力だけで獲れるタイトルではありません。ウチのほかの打者も打っていましたし、足の速いランナーもたくさんいる。周囲がお膳立てしてくれて、一生懸命走ってホームにかえってきてくれた。やっぱり、打点王は周囲のおかげですよ。

 とはいえ、やはりさすが“役者”だ。7月19日のオリックス戦(メットライフ)で魅せた。同点で迎えた延長11回、増井浩俊の高めフォークをとらえ、左翼席に突き刺すサヨナラ弾。これが史上20人目となる通算400本塁打のメモリアルアーチとなった。

──通算400本塁打を達成した直後の本誌インタビューで打点王について聞いた際、そのとき四番に座り、打点1位だった山川穂高選手が獲るべきだと言っていました。

中村 はい。

──8月11日のロッテ戦(ZOZOマリン)から山川選手に代わり、中村選手が四番に座り続けることになりましたが、今度は「自分が打点王に」という考えになることは?

中村 タイトルを意識することは別になかったです。ただ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング