週刊ベースボールONLINE

2019プロ野球記録集計号

高卒2年目の最多タイ36本塁打&最多96打点。驚異の10代・村上宗隆の打棒を徹底検証

 

飛ぶ鳥を落とす勢い……と表現するとチーム名から不適切だろうが、それほどの勢いがあった。数々の記録を打ち立てた19歳のスラッガーは、いったいどこが優れていたのか。2年目に残した数々の数字から、その答えを導き出していく。


逆方向へ打つ能力


 まずは記録系からおさらいしていこう。今季、比較の対象となったのが、清原和博(西武)の10代記録、そして中西太(西鉄)の高卒2年目以内の記録だった。まずは9月4日の広島戦(神宮)、5回に適時打を放って87打点目をマーク。1953年の中西の86打点を抜き、高卒2年目以内の最多打点記録を66年ぶりに更新。さらに6回、32号3ランを放ち、清原が86年の1年目にマークした10代最多本塁打記録31本を33年ぶりに塗り替えた。いずれも歴代単独トップとなった。

 次なるターゲットは中西の「高卒2年目以内の最多本塁打」となる。9月21日の中日戦(神宮)、4回に36号ソロを放って並んだ。さらにこの日、96打点目をマークし、これらが今季の最終成績となる。ほかにも7月3日の広島戦(マツダ広島)で球団史上最年少記録となる19歳5カ月での満塁本塁打、8月12日のDeNA戦(神宮)でプロ野球最年少となる19歳6カ月でのサヨナラ本塁打が飛び出すなど、センセーショナルな活躍が際立った。

 では次に、その打撃の中身を見ていく。ホットゾーンのデータによると・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング