週刊ベースボールONLINE

2019プロ野球記録集計号

「逆転のカープ」のはずが……「逆転負けのカープ」に!?

 

何点差をつけられてもひっくり返す粘りで「逆転のカープ」と言われた3連覇中の広島。しかし今季は様相が変わり、逆の立場を多く味わわされた。逆転負けすること32回。今季の70敗のうち半数に迫る数だ。その内容を分析してみた。

9月19日のDeNA戦[横浜]では、7点リードから追いつかれ、11回裏、ソトの3ランでサヨナラ負け。この日、4連覇の夢が消えた


 来季から指揮を執る佐々岡真司監督が、今季4連覇を逃した要因について、真っ先に挙げるのが「接戦で逃げ切れなかった試合が多かった」ということだ。実際はどうだったのか検証してみると、逆転負けは昨年の26試合から6試合増えて32試合。下の表を見ても分かるとおり、実は敗戦に占める逆転負けの割合は、セ・リーグで一番高い(この数字が低いチームほど、概ねリリーフ陣は安定度が高いと言えるはず)。

 もちろん、逆転負けはすべて・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング