週刊ベースボールONLINE

変化する日米移籍事情!

MLBのチーム編成に異変。助っ人の獲得状況にも大影響!中堅メジャー・リーガーが日本でプレーをする時代へ!?

 

その年のワールド・シリーズで大活躍したメジャー・リーガーが翌年に日本でプレーしたことがあっただろうか!? 最近、メジャー30球団のチーム編成が大きく変化している。その影響で、中堅クラスのメジャー・リーガーたちがプレーする場所を求めNPBのチームと契約している。最新の日米移籍事情を探る。
文=奥田秀樹 写真=Getty Images

ナショナルズ初の世界一に貢献したパーラは、来季の年俸を減額提示されたが、そこを巨人がうまく交渉し獲得した


中堅クラス値下がり


 名の通った働き盛りのメジャー・リーガーたちが現在、お買い得になっている。魅力的な選手を獲得しやすくなったのは近年のMLBのFA市場変化にある。年内はまずトレード市場が動き、左腕の救援投手など希少価値のあるFA選手が決まっていく。年が明けてから超大物選手の争奪戦が本格化するのだが、その中で30代のミドルクラスに位置付けられる選手群が値崩れを起こし、交渉も後回しになっているのだ。

 11月中旬に巨人と契約したヘラルド・パーラ。彼の1年前がそうだった。2018年にロッキーズで142試合に先発出場し443打席で打率.284、6本塁打、53打点の成績。19年の球団オプション(1250万ドル)をチームが行使せずFAに。そのときはまだ31歳。メジャー通算1000安打以上を打ち、ゴールドグラブ賞を2度獲得した好打好守の選手だけに、それなりの契約はあると待っていた。しかしオファーはなく、2月中旬のキャンプ前になってジャイアンツからのマイナー契約を受け入れるしかなかった。

 開幕前にメジャー昇格を果たしたものの年俸は175万ドル。シーズン中、ナショナルズに移籍。「ベイビーシャークダンス」で人気者になり世界一に貢献した。しかしこのオフ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング