週刊ベースボールONLINE

注目ルーキー密着レポート

ロッテ1位・佐々木朗希(投手/大船渡高) ベールを脱いだ“令和の怪物” 「ストレートは誰にも負けないように磨いていきたい」

 

これまで多くを語ってこなかった最速163キロ右腕。ようやく発せられた“自らの言葉”の端々からは、強烈な自負心と、プロとしての自覚が見て取れた。ロッテの新たな背番号17の未来に、期待がふくらむ。
文=杉浦多夢 写真=田中慎一郎、BBM


プロとしての自覚


 謎のベールに包まれていた最速163キロ右腕が、ついにお披露目された。ロッテの新入団選手発表会が行われた12月9日からの2日間、佐々木朗希が自ら発した言葉の数々は興味深いものだった。

 もともと口数が多いほうではない上に、これまでほとんど個別の取材は受けず、公の場に出てきても慎重な発言に終始することが多かった。それは4球団競合の末に井口資仁監督が当たりクジを引き当てたドラフト会議後も、指名あいさつを受けたあとも変わらなかった。大きな注目が集まっていることを自覚するがゆえの防衛本能からだったのかもしれないが、11月30日の契約会見では呪縛(じゅばく)が解けたように流ちょうな受け答えを見せ、そしてこの2日間では随所に“自らの思い”を言葉に乗せていた・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング