週刊ベースボールONLINE

注目ルーキー密着レポート

ヤクルト1位・奥川恭伸(投手/星稜高) 総合力の高い燕のエースへ 「投手として一番評価される沢村賞を獲れるように頑張る」

 

「僕なんかより良いピッチャー」。あこがれの田中将大(ヤンキース)から高く評価された、近未来の燕のエース候補だ。自分を大きく見せるタイプではなく、言葉選びは慎重だが、その芯は太い。「背番号11」を背負い、新たな挑戦へ向かう。
文=富田庸 写真=大泉謙也

「背番号11」に袖を通した奥川[左]。高津監督[右]も見上げるほどの大きさだ


勝てるピッチャーに


 ルーキーイヤーとなる2020年を待たずして、“奥川フィーバー”は早くも幕を開けた。12月3日にヤクルトホールで行われた新入団会見。ファンを招いての公開方式が恒例となっているが、今年は少し様相が違った。通常、新人選手のネーム&ナンバー入りTシャツなどグッズが売り出されるが、奥川に限っては「背番号11」のレプリカユニフォームが数量限定で先行発売されたのだ。球団による異例の決定だった。その真新しいユニフォームを着たり、ネーム入りタオルを掲げるファンも多かった。期待の大きさが球団内部、ファンの間にも充満していた。

 この新入団会見に先立ち、新人選手たちは本誌の取材に応じた。星稜高の学生服姿で現れた奥川は、小社発行のBBMカード用の撮影を終えると、取材スペースに足を運んだ。「よろしくお願いします」と丁ねいに頭を下げる姿は高校生そのもの。そして「正直、プロ野球選手になるイメージはまだできていないし、不安のほうが大きいんです」と現在の心情を吐露した。だが、本誌企画用として、絵馬に「新年の誓い」をしたためてほしいとお願いしたところ、さほど時間を要さず、ある言葉を書き込んだ。詳しい内容は次号(2020年1月6&13日合併号)に掲載予定だが、控えめにも見える普段の所作とは違う“覚悟”を垣間見た気がした。やはり注目されるドラフト1位選手としてのオーラが存在した。

 そして少しだけ目を輝かせたのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング