週刊ベースボールONLINE

東芝ルーキークロストーク

西武1位・宮川哲×中日3位・岡野祐一郎 東芝ルーキークロストーク(聞き手=豊島わかな) 2人の即戦力右腕

 

社会人野球の名門・東芝から、2人の右腕がプロの扉をたたく。西武ドラフト1位の宮川哲と、中日ドラフト3位の岡野祐一郎だ。今回は、日本野球連盟公式サポーターとしておなじみの豊島わかなさんが、“即戦力”と期待される2人に、これまでの軌跡や今後の意気込みを聞いた。
構成=依田真衣子 写真=会田忠行(インタビュー)、BBM


手が痛いほどの直球


 岡野が社会人3年目、宮川が2年目。1学年違いの2人は、ともに先発の柱としてチームを支えてきた。仲間であり、良きライバルでありながら、どこか師弟のような関係でもある。

豊島 まず、お互いの第一印象は覚えていますか。

岡野 僕は宮川の1学年上。宮川が入ってきたとき、しっかり自分を持っていて、ここ(東芝)でもやってやるぞという意気込みを感じました。

宮川 岡野さんは、淡々と野球をこなす人だなと。

豊島 お互いのボールの第一印象は。

岡野 宮川は、キャッチボールから球が速かった。ビュンビュン投げてくるから、グラブをはめた手が痛くなったのを覚えてる。大学のときにドラフトで指名漏れしたという経緯も知っていたし、150キロを超えるボールを投げると聞いていたから、危機感がありました。

宮川 絶対ウソや! めっちゃ話盛るなあ(笑)。僕も、岡野さんのボールの圧力がすごくて手が痛かったから、もっとゆっくり投げてくれと思っていた。ボールが大きく見えるというか……ドーンと来る感じ。周りからも「岡野に負けるな」と言われていたから、負けないようにと決めていました。負けず嫌いなんで。

豊島 私生活での2人の関係は、どんな感じですか。

岡野 宮川は、こういう(取材の)場だとおとなしくなるけど、普段は先輩後輩関係なく付き合ってます。呼び方は、「テツ」と下の名前で。

宮川 僕は「ゆうちゃん」です。

一同 (笑)。

岡野 今まで「ゆうちゃん」と呼ばれたことはなかったよ。東芝でも、そう呼ぶのは宮川くらい。ナメられてますよ。

宮川 ナメてないっす(笑)。

岡野 仲間として、親しみを込めて呼んでくれているんだろうと思ってます。

宮川 寮生活での岡野さんは、いるかいないか分からない人なんです。私生活になると、急に存在感を消す(笑)。

岡野 存在感を消すというか、影が薄いのかも。そういう意味では、宮川はうるさいから存在感があるよね。僕は静かに部屋にいるけど、宮川は寮のどこにいるか分かる。歌っていたりして、廊下にいるとか風呂に入っているとか、居場所がすぐに分かる。

宮川 チームを盛り上げたりするようなタイプではないけど、うるさいのは確かですね(笑)。

豊島 お互い、印象に残ってるエピソードはありますか。

岡野 今年の都市対抗の準々決勝の前。2回戦(対JR東日本東北)で、調子があまり良くなかった宮川(5回途中2失点)に「次ならやれるから、次投げさせてください」と言われて。だから準々決勝は、先発の僕が頑張ろうと思ったことを覚えています。

宮川 その準々決勝のJFE西日本戦で、岡野さんが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング