週刊ベースボールONLINE

12球団 2020年シーズン展望

ロッテ・若手の台頭と果敢な補強策で頂点を狙う準備が整った!/12球団“最速”戦力分析

 

2020年シーズンは例年よりも早く、セ・パ両リーグとも3月20日に開幕する。東京五輪が開催されるため夏場に一時中断される、普段とは違うペナントレースを制するのはどのチームか。本誌編集部がどこよりも早く、戦力を分析する。
※データは2019年12月23日現在。評価はA〜Eの5段階

福田秀の加入で野手の陣容も着実に厚みが増している


 僅差でAクラスを逃した2019年からの巻き返しに向け、積極的かつ的確な補強を進めた。

 先発陣はFAで楽天から美馬学を獲得。種市篤暉岩下大輝二木康太佐々木千隼、左腕の小島和哉など若手の先発ローテ候補が次々と台頭する中で、ベテランの涌井秀章を躊躇(ちゅうちょ)なく楽天へ放出できるほど厚みが増している。

 さらに大きいのがNPBで実績十分のジャクソン(前ブリュワーズ)、ハーマン(前楽天)をブルペンに加えたことだ。抑えの益田直也につなぐセットアッパー不在が泣きどころだったが、勝ちパターンを確立できれば終盤のもろさは解消されるはず。美馬の人的補償で酒居知史を失ったものの・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング