週刊ベースボールONLINE

2019年パ・リーグMVP新春BIGインタビュー

西武・森友哉インタビュー 満足することはない。 「ファンの期待を裏切らないように、しっかり結果で示したい」

 

2019年、連覇を果たした西武で光る活躍を見せたのが森友哉だった。捕手という重労働をこなしながら、打率.329、23本塁打、105打点をマーク。攻守に貢献度が高く、パ・リーグMVPにも輝いた。プロ6年目、24歳で球界の頂点に立った背番号10。2年連続CSでソフトバンクの前に敗れたが、悲願の日本シリーズ出場を果たすために20年、さらなる飛躍が期待される男に大いに語ってもらった。
取材・構成=小林光男、写真=川口洋邦(インタビュー)、BBM、取材協力=川越プリンスホテル


今一番欲しい能力は?


 2019年、捕手として史上4人目の首位打者に輝いた森友哉だが、16年のシーズン前に行ったインタビューで「打率」に関して以下のように語っていた。

「2シーズン、プロでプレーして感じたのは、アベレージを残すために必要なのは、まずは『気持ちの持ち方』だということ。『次の打者へつなぐ』とか、ランナーがいれば『そのランナーをかえす』という気持ちを強く持って打席に立つと結果は変わってくるんだなと思いました。それによって、ボール球に手を出すことも少なくなりますし、アホみたいな空振りも減りますから」。

 首位打者に輝いた19年、その心持ちに変化はなかったのだろうか。

──以前、アベレージを残すのに必要なのは気持ちの持ち方だと言っていました。

森 もちろん、そういったことも大事ですけど、単純に率を残そうと思うと四球も取らないといけないですし、率を残している人で逆方向に打てない人はいない。だから、逆方向にも打てる、コースによって打ち分けることは率を残すのに大切なことだと思います。

──19年は0ストライク時に122打数60安打、打率.492をマークしており、特に0ボール0ストライクでは77打数35安打で打率.455。初球から積極的に打つ姿勢も顕著です。

森 その日、その日で調子は変わってくるものです。自分のスイングができるときもあるし、スイングがにぶいときもある。それをいち早く、スイングして感じたいんです。そういう意味で初球から振ろうというのと、バッテリーからしてみれば初球はストライクを欲しいじゃないですか。ストライクが来る可能性が高いので、そのボールを狙おうと常に思っています。

──打撃でレベルアップしたい点は?

森 本塁打は特に意識していないですが、打率、打点にはこだわって。出塁率、得点圏も今まで以上にという気持ちはあります。

──出塁率はリーグ3位の.4125、得点圏は同1位の.411でしたが満足できませんか。

森 満足することはないです。打てれば打てるほどいいですし、打点に関しても得点圏でもっと打つことができれば増えていく。常に高みを目指してやっていきたいと思っています。

──それでは野球選手として今一番欲しい能力は何ですか。

森 ミート力(即答)。

──現状でもバットにボールを当てる能力は抜群だと思いますが……。

森 ミート力が上がればすべての数字が上がってくると思うので。今以上に芯に当たる確率が上がれば打点も、本塁打も、打率も全部上がっていくでしょう。

──そのために必要なことは?

森 特別フォームを変えようとも思っていないですが、今年・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング