週刊ベースボールONLINE

2020球界マネー最前線

これが2020年セ・パ高額年俸ベストナインだ!セ・パ両リーグポジション別最高年俸

 

今季も昨年に続いて、ポジション別の高額年俸選手でセ・パ両リーグのベストナインを組んでみた(ポジションは昨季実績と今季予定を勘案して配置)。近年は高額年俸選手の場合、複数年契約も少なくないだけに、あまり大幅な顔ぶれの変化はないが、それでもいくつかのポジションで、「世代交代」が起こったり、メジャーとの行き来を含む、選手の移籍のアオリがあったりで、新しい顔も見えてきている。
※金額は推定。外野手は「外野手」の範疇での上位3人。
松田宣浩デスパイネ(ともにソフトバンク)ら1月12日時点での未更改並びに契約交渉中選手は昨年年俸による。
※「1球あたり」「1打席」の金額は、2020年の年俸を19年成績で割って計算
写真=BBM、Getty Images


パは今年もホークス勢が7人と圧倒


 パでは今年もソフトバンク勢が半数以上の7人と他チームを圧倒した。投手では昨季登板のなかったサファテが抑え部門でトップを維持。実働のある選手で選んだ場合も森唯斗になるので、やはりソフトバンク勢だ。昨季その森がトップだった中継ぎには、今季は宮西尚生(日本ハム)が入った。

 パの野手では、森友哉(西武)が大幅昇給で捕手のトップを奪った。一塁手は内川聖一(ソフトバンク)の年俸ダウンで中田翔(日本ハム)が浮上。秋山翔吾(西武→レッズ)が抜けた外野の一角には新外国人のジョーンズ(オリックス)が入った。新外国人では先発投手候補のムーア(ソフトバンク)もいきなりトップに。NPBで実働のある選手だと、先発投手は岸孝之則本昂大(ともに楽天)、千賀滉大(ソフトバンク)に、外野手のもう一人は西川遥輝(日本ハム)になる。なお、ここではソフトバンクのバレンティンとデスパイネをともに指名打者でノミネートしたが、バレンティンは外野での起用も浮上。ただ、そう考えた場合でも、DHがデスパイネ、外野が中村晃に代わってバレンティンになるので、ソフトバンク勢の人数は変わらない。

■パ・リーグ高額年俸ベストナイン
総額40億1400万円 ※DHは除く(平均3億6491万円)

[左]P(先) ソフトバンク・ムーア 3億8400万円
[右]P(中) 日本ハム・宮西尚生 2億円(1球あたり=26万417円)


[左]P(抑) ソフトバンク・サファテ 5億円
[右]C 西武・森友哉 2億円(1打席=34万9040円)


[左]1B 日本ハム・中田翔 2億9000万円(1打席=56万4202円)
[右]2B 楽天・浅村栄斗 5億円(1打席=78万7402円)


[左]3B ソフトバンク・松田宣浩 4億円(1打席=69万4444円)
[右]SS ソフトバンク・今宮健太 2億9000万円(1打席=68万751円)


[左]LF ソフトバンク・中村晃 2億4000万円(1打席=150万9434円)
[右]CF ソフトバンク・柳田悠岐 5億7000万円(1打席=363万573円)


[左]RF オリックス・ジョーンズ 4億4000万円
[右]DH ソフトバンク・バレンティン 5億円(1打席=106万8376円)


セは野手の顔ぶれがほぼ固定化


 セは、S.マシソン(元巨人)の引退で山崎康晃(DeNA)が抑えでトップに。中継ぎは、昨季終盤に中継ぎ適性を見せたガルシア(阪神)がトップ。リリーフ専任に限るとパットンとエスコバー(ともにDeNA)になる。

 野手はほぼ昨季と同じ顔ぶれ。昨季は外野手は3位が同額で4人おり、筒香嘉智(DeNA→レイズ)が抜けたが、バレンティンの後に青木宣親が入るだけの変化にとどまった。

■セ・リーグ高額年俸ベストナイン
総額40億5000万円 (平均3億6818万円)

[左]P(先) 巨人・菅野智之 6億5000万円(1球あたり=28万5088円)
[右]P(中) 阪神・ガルシア 1億7000万円(1球あたり=9万3923円)


[左]P(抑) DeNA・山崎康晃 3億5000万円(1球あたり=35万9712円)
[右]C 広島會澤翼 1億8000万円(1打席=40万2685円)


[左]1B 中日ビシエド 3億5000万円(1打席=58万9226円)
[右]2B ヤクルト山田哲人 5億円(1打席=78万31円)


[左]3B DeNA・宮崎敏郎 1億6000万円(1打席=33万8266円)
[右]SS 巨人・坂本勇人 5億円(1打席=78万2423円)


[左]LF ヤクルト・青木宣親 3億4000万円(1打席=60万1770円)
[右]CF 巨人・丸佳浩 4億5000万円(1打席=71万3154円)


RF 阪神・糸井嘉男 4億円(1打席=90万901円)

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング