週刊ベースボールONLINE

12球団背番号物語2020

巨人・新たな伝統を刻む選手は現れるのか?/12球団背番号物語

 

12球団最多6つの永久欠番が日本球界屈指の伝統を物語る。令和の時代に新たな歴史の1ページを刻む選手は現れるだろうか。

「18」を受け継いだ19年は故障に苦しんだ菅野。五輪もジャパンの「18」が濃厚な20年は、20勝を誓う


原辰徳監督はシャッフルがお好き?


 2018年のシーズンが終了し、原辰徳監督「83」の復帰が決まると、背番号の大シャッフルが行われた。支配下選手だけでも16人が対象となり、このオフも13人が背番号を変更している。つまり、2年で29人だ。もちろん、指揮官の単なる思い付きで割り振っているわけではない。かねてから原監督は背番号について「意味があって、格のあるもの」と話しており、すべての変更にはメッセージが込められ、同時に対象選手に明確な目標やターゲットを意識させる手段として活用している。

 18年オフ(19年)の例を挙げると、2年連続沢村賞受賞の菅野智之に、こだわりを見せてきた「19」から「18」への変更を求めた。藤田元司(1958-66)、堀内恒夫(67-84)、桑田真澄(86-06)らが背負ってきた“球界のエースナンバー”で、彼らと肩を並べる「大黒柱」との期待が込められ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング