週刊ベースボールONLINE

12球団背番号物語2020

ソフトバンク・福岡の地でも続く系譜と変化がもたらす新たな輝き/12球団背番号物語

 

大阪から福岡に拠点を移し、ここ10年では5度のリーグ優勝、6度の日本一と強さを誇る。常勝軍団へと成長を遂げる中で、背番号も伝統と新たな色が融合している。

小久保[写真]→柳田と受け継がれた「9」はホークスを象徴する番号になりつつある


「3」は三冠王、「9」はチームの顔に


 球団が福岡に移転して30年がたち、すっかり九州に根付いた。時代の流れとともに様相を変えてきた背番号も多い。

 チームリーダーとしての色を濃くした「1」に、強肩遊撃手・定岡智秋(1976-87)、俊足巧打の佐々木誠(89-93)、阪神からFA加入した松永浩美らが着けた「3」は、2000年から背負った松中信彦が04年に平成唯一となる三冠王に輝いたことで、強打者のイメージが強くなった。

 南海時代は堀井数男(46-65)が20年にわたり着け続けた「9」も、小久保裕紀柳田悠岐と渡ったことでフルスイングが魅力のホームランアーチストの番号に。主砲としてチームに欠かせず、ファンからも愛される「9」は、ホークスを象徴する番号になりつつある。

 福岡で花開いた番号も・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング