週刊ベースボールONLINE

助っ人の系譜1980-2020

阪神・投手が活躍する傾向、野手は印象的な打者が多し/12球団助っ人の系譜

 

まだ新加入の可能性はあるが、ひとまず助っ人についての「2020年の陣容」が明らかになった。ここでは12球団の1980年以降の助っ人の系譜を表にし、それぞれの球団の外国人選手事情を探っていく。(育成は除く)

阪神と言えばやはりバース。球団初の日本一に貢献した1985年と翌86年には三冠王に輝いた


優勝時に優良助っ人あり


 阪神の外国人といえば多くのファンが1985年の日本一と2年連続の三冠王に輝いたランディ・バースを思い出すはず。だが阪神はどちらかと言えば投手のほうがチームに貢献する選手が多かった。

 戦前の36年からハワイ移民2世の若林忠志が活躍。戦後も阪神に在籍し、サイドスローから自在な変化球で打者を打ち取った。戦前戦後にかけ兼任監督も務め、44年には、チームが27勝6敗2分で優勝。そのうち22勝4敗とほとんどの勝利を一人で挙げた。

 その後、テスト生から入団したジーン・バッキー。制球がよくなかったが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング