週刊ベースボールONLINE

12球団新打線診断

ヤクルト2020年予想オーダー「ノンストップ安打量産打線」

 

ここでは各球団が構築している2020年型新打線をチェックしていこう。3月に入り、打線が固まりつつあるところから、試行錯誤を繰り返すところまで状況はさまざま。本誌が命名した看板名も含め、最も目を引くのはどのチームだろうか。
※原稿や選手の情報は3月1日現在。攻撃力は各項目5点満点でA〜C評価


 33本塁打、93打点のバレンティンソフトバンクへと移籍し、戦力ダウンは免れない。それを補うために、一発長打の攻撃ではなく、つなぐ打線を構築。ヒットでたたみ掛ける攻撃に転換する。

 起点は坂口だ。昨季はケガに泣いたが、今季の状態は悪くない。2018年の出塁率.406のような活躍が期待できる。高津臣吾監督が「送らないので」と宣言した積極的な攻撃を体現するのが“攻撃的二番”だ。これを打てる、飛ばせる、走れるの3拍子がそろった山田哲が担う。「哲人は理想の二番」と指揮官。坂口が出塁して山田哲が打ち、一気にチャンスメーク、または1点をもぎ取ることも可能だ。

 三番には経験豊富なヒットメーカー・青木、ベテランの雄平、メジャー通算1367安打のエスコバーへとつなぐ。本来なら・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング