週刊ベースボールONLINE

2020シーズン順位予想

忖度なし?の解説者が占う!2020シーズン順位予想【パ・リーグ編】

 

※今号(2020年3月23日号)は、「3.20」開催を前提に記事を構成しており、本誌の締め切り日(3月9日)に発表されたNPBの開幕延期と取材時期との関係上、一部、事実と齟齬が生じております。ご了承ください。

圧巻の攻撃力で連覇を飾った西武だが、今回はまさかの・・・


里崎智也「戦力アップの楽天が楽しみ」



 計算が立つ大型補強で一気に戦力アップを果たした楽天が、どんな戦いを見せてくれるのか楽しみです。投手陣も岸、則本昂が開幕からそろっているのは大きい。足を使える2年目の辰己らがレギュラーを奪うことができれば攻撃の幅も広がります。

 ソフトバンクは最強戦力を誇っていますが、毎年のようにケガ人が続出しているため1位には推せない。ただ、万全の態勢で戦うことができれば独走してもおかしくありません。西武は秋山(現レッズ)が抜けた今年も打線の力で勝ち進む可能性はありますが、普通に考えれば苦しい戦いになるはず。ロッテは上位を狙うには全体的な底上げが必須、オリックスも外国人頼みの打線が未知数です。若手の突き上げがない日本ハムは厳しい戦いになるでしょう。

【順位予想】
1位 楽天
2位 ソフトバンク
3位 西武
4位 ロッテ
5位 オリックス
6位 日本ハム

斉藤和巳「ケガ人出てもやはりホークス」



 すでにケガ人が出ているホークスですが、それでもほかの5球団より層が厚い。新加入のバレンティンが、外国人枠じゃなくなったのも大きいと思います。楽天は昨季、則本昂と岸が出遅れながら3位に入り、涌井、鈴木大らと積極的に補強もしました。激しい競争の中で、チーム力も上がっているのではないでしょうか。外国人頼みの部分もありつつ、個人的に不気味なのが日本ハム。西武にとっては、秋山(現レッズ)の代わりがなかなか難しい。ただ、昨年も優勝していますし、主力陣にケガがなければ、打線はやはり強みです。3、4位は正直、差はありません。補強したものの未知数の部分が多いロッテは、勢い次第では面白い存在に。オリックスも、いい選手は多いのですが、もろさが……。打線に活気がほしいです。

【順位予想】
1位 ソフトバンク
2位 楽天
3位 日本ハム
4位 西武
5位 ロッテ
6位 オリックス

達川光男「ありきたりじゃいけん。楽天で」



 普通に考えればソフトバンクだと思うけど、ありきたりじゃいけんから楽天優勝で。楽天は嶋が抜けたけど太田が守れるようになってる。インサイドワークもいいよ。先発がそろってきたし、三木監督はコーチ経験豊富で、昨年イースタンで優勝して戦力も把握してる。ソフトバンクは千賀がちゃんと投げられないようだとしんどいよ。

 ロッテは佐々木朗で盛り上がったし・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング