週刊ベースボールONLINE

2020シーズン順位予想

忖度なし?の解説者が占う!2020シーズン順位予想【セ・リーグ編】

 

※今号(2020年3月23日号)は、「3.20」開催を前提に記事を構成しており、本誌の締め切り日(3月9日)に発表されたNPBの開幕延期と取材時期との関係上、一部、事実と齟齬が生じております。ご了承ください。

前年王者は巨人。ただ意外と優勝予想は・・・


藪恵壹「ボーアは餌まき中?」



 今季の阪神の戦力は、巨人と差がないように感じています。先発陣も頭数がそろい、中継ぎ・抑えは層も厚く今季も盤石です。カギは矢野監督が「二番・近本」をどう機能させるか。ボーアが打つかどうかで、オープン戦は外角を見逃していますが、これが餌まきだと思いたいです。

 巨人は、打線は強力で問題なし。サンチェスは先発として柱になれます。菅野と2枚看板になりますし、ここに戸郷が入ってくる。中継ぎも枚数はいるので、やりくり次第ですね。DeNAは投手陣も打線も問題ない。鬼門は阪神戦で、ここをどう乗り切るか。広島は佐々岡監督の経験のなさが出るでしょうし、中日は世代交代が今年も続き、6位のヤクルトは不気味ですが、高津新監督の経験のなさが出ると思います。

【順位予想】
1位 阪神
2位 巨人
3位 DeNA
4位 広島
5位 中日
6位 ヤクルト

真中満「ズバリ、先発陣充実のDeNA」



 優勝はズバリ、DeNAと予想します。今永、濱口、上茶谷、石田、井納と、特に先発陣が充実しており、総合力が高いですから。救援陣も抑えの山崎を筆頭に、パットン、エスコバーなど、コマがそろっています。昨年の覇者・巨人は、山口(現ブルージェイズ)が抜けた投手陣に不安があります。打線はリーグ屈指と言えますが。

 3位はヤクルト。バレンティンが去り、得点力減は否めませんが、それでも実力者は多い。投手陣でもスアレスが戻り、高橋など若手が出てくれば面白いでしょう。まあ、私はOBなので多少の“忖度”はありますけど(笑)。それ以降は難しいですが、阪神、広島、中日とします。阪神は投手力が充実していますが、打線が未知数です。広島、中日は中継ぎ以降の出来がポイントでしょう。

【順位予想】
1位 DeNA
2位 巨人
3位 ヤクルト
4位 阪神
5位 広島
6位 中日

里崎智也「はまれば中日が頂点に」



 中日には、はまれば一気に頂点に駆け上がるのではという期待感があります。投打とも若手の台頭が著しく、昨季もオールスター明けは貯金ができていました。アルモンテが早期復帰できるようならさらに層は厚くなる。開幕から勢いに乗れば面白い存在になるはずです。

 巨人は山口(現ブルージェイズ)、阿部(現巨人二軍監督)の穴をどう埋めるか。チーム力は高いだけに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング