週刊ベースボールONLINE

新キャプテン・インタビュー

DeNA・佐野恵太インタビュー チームのスイッチをONに 「横浜スタジアムのいっぱいのスタンドの前でプレーするのが待ち遠しい」

 

石川雄洋筒香嘉智に次いで新キャプテンに就任。転換点を迎えたベイスターズの中心となるキーマンだ。若く、勢いのあるチームをどんな思いで束ねていくのか。
取材・構成=滝川和臣 写真=菅原淳(インタビュー)、BBM

ドラフト9位と下位指名ながら、自慢の打撃でプロの世界で道を切り拓いてきた。今季から左胸にキャプテンマークを付ける


驚きの主将指名。明るいチームを目指す


 沖縄・宜野湾キャンプの初日、外野を行く全体ランニングの先頭には、背番号「44」の姿があった。今季からキャプテンに指名された25歳、佐野恵太だ。ラミレス監督から食事に誘われたのが昨年末。その席で「持ち前の明るいキャラクターでチームを引っ張っていってほしい」と大役を託された。その日から、佐野を取り巻く環境は一変。頭の中は、大半がチームのことで占めるようになった。指揮官からの期待を意気に感じ、新リーダーが新生ベイスターズを力強くけん引している。

──キャプテンとして迎えた春季キャンプ、オープン戦を経てシーズン開幕を待っています。ここまで、あっという間でしたか。

佐野 いや、長かったですね。僕はプロ4年目ですけど、過去3年間は自分の成績、結果を最優先に野球をやっていればよかった。そこにキャプテンとしてチームのことを考える時間が加わりました。キャプテン1年目ということもあるのでしょうけど、長く感じましたね。

──両方を追い掛けるのは大変です。

佐野 まだ開幕してませんからね。本当に大変なのはシーズンが開幕して、勝敗が出始めてからだと思います。

──1年前とは取り巻く状況がガラリと変わりました。

佐野 その中で充実感もあり、ラミレス監督からキャプテンに任命していただいて、四番に入らせてもらっています。期待に応えたいという気持ちが一番強いですね。

──昨年末、キャプテンに抜てきされたときどんな気持ちでしたか。

佐野 びっくりしました。1年前の同じ時期に自分がまさかキャプテンを務めるとは思ってもみなかったですし、想像すらしていませんでしたから。でも、光栄なことだと思って頑張りたいなと。

──DeNAをどんなチームにしていきたいと考えていますか。

佐野 僕が入団したときからずっと筒香さんがチームを束ねられていて、みんなが前を向いた、明るい雰囲気をつくり上げていました。僕もベイスターズの雰囲気というものを3年間で、身近で見て感じていました。そこは引き継いでやっていきたいと思っています。そのうえで、自分のカラーを出していきたい。筒香さんのやり方全部をマネする必要はないと思います。自分なりに精いっぱい頑張りたいです。

──筒香選手から何かアドバイスはありましたか。

佐野 電話で「キャプテンになりました」と報告しました。「大変だとは思うけど、お前らしく頑張れよ」と言っていただきました。

──過去にキャプテンを務めたことは?

佐野 小学生以来ですね。まあ、小学生のときはキャプテンといっても、チームメートを整列させてあいさつするくらいなので。中高大では僕がリーダーを務める雰囲気は全然なかったです。大学(明大)ではエースの柳(柳裕也、現中日)がキャプテンを務め、プロでは筒香さんがいた。強いリーダーシップを備える人間を近くで見てきて、やはりキャプテンという存在は、自分の悪い結果を引きずったりだとか、おもむろに態度に出したりはしなかった。そういう部分は周囲から見られていると思うので、自分のことだけにならないようにしたいです。思い返してみると、筒香さんは絶対に悪い雰囲気をチームに持ち込んでいなかった。その点は見習いながら、僕もそういう選手になりたいと思っています。

──ラミレス監督は、たとえ打撃の成績が悪くても、それによってメンタルが左右されることのない佐野選手の強さが、キャプテンに指名した理由の一つだと評価していました。

佐野 もちろん、僕も打てないときは考えたりしますけど、昨年は筒香さんが円陣でいろいろ(パフォーマンスを)やれと言ってくれたりしていたので、落ち込んでいる暇がなかったですね。打てない時期でも球場に来れば、チームの明るい雰囲気に助けてもらっていました。

──他球団ではキャプテンを置いていないチームもあります。プロの集団においてキャプテンの役割をどうとらえますか。

佐野 チーム内で誰かが何かをしなければならないとか、雰囲気を変える必要があるときに、率先して行動するのが自分の役割だと思います。「誰がやるの?」となったときに行動に移す人間。それがキャプテンであるのかなと。まだ始まったばかりで、何をやったらいいのか分からない部分もありますが、試合前に仲間を鼓舞したり、チームのスイッチを入れることも役割だと思っています。

──声掛けなどで、積極的なコミュニケーションを意識していますか。

佐野 昨年からみんなと、いろいろと会話をしているので、そこは変えなければというのはなかったです。

── 一人でチーム全体をカバーするのは限界があります。投手なら石田健大選手らがサポートしてくれているようですね。

佐野 僕がいろんなところに気を掛けなくてもいいように、チームメートに手助けしてもらいながら思い切ってやらせてもらっています。1年目で何も分からないので、まずはさまざまなことに全力で取り組んで、もしカベに当たってしまったとしても、この立場になったからこそ経験できていることだと前向きにとらえ、全力で頑張りたいです。

体がねじ切れるほどのフルスイングが佐野の魅力だ


試合で結果を残し四番の座を守り抜く


 昨年は序盤から代打の切り札として存在感を発揮した。開幕から代打で4打数4安打、4打席目には代打満塁弾を放つなど結果を残すと、シーズン終盤はスタメン起用も増え、11試合で四番に座った。今シーズンは筒香の後釜として、ラミレス監督が「四番・左翼」に大抜てき。代打の切り札からポスト筒香の座へ、脚光を浴びる存在となった。とはいえ、キャプテンだからといってレギュラーが確約されているわけではない。試合で結果を残し、チーム内での競争を勝ち抜いていかねばならない。

──オープン戦では四番で起用されていますが、立場的には外野のレギュラーを争う立場でもあります。

佐野 外野は僕より実績のある選手が多いです。あっという間に誰かがレギュラーに定着して、自分が試合に出られなくなることは、すぐに起こり得ます。僕がレギュラーの座をつかんで、誰にも奪われることがないよう結果を残すことです。

オープン戦序盤は結果が出ず、佐野の四番起用に関して疑問視する声もあった。しかし、3月11日の広島とのオープン戦では2本塁打。自らのバットで雑音をかき消した


──昨年は89試合で打率.295。フルシーズンで試合に出場するために必要なことは。

佐野 左投手をしっかり打つことです(19年の左投手打率.258)。昨年は左投手が先発のときはスタメンを外されることがありました。投手の左右で交代させられていては、レギュラーとは呼べません。毎試合、スターティングラインアップに名前を連ねられるようにしないと。

──今シーズン、打撃に関してアプローチしていることはありますか。

佐野 キャンプからやってきたことが、ようやく少しずつ形になっているのかなと思っています。開幕まで、ここから調子を上げていきたいと思っているところです。今は四番に入ることがほとんどで、前にも後ろにも僕より優れた打者が並んでいるので、つなぎの意識は強いです。走者がいれば自分のバットでホームに迎え入れ、走者がいなければ自分が突破口になるような四番でありたいなと考えています。

──昨年の得点圏打率は.367。勝負強さが佐野選手の武器です。

佐野 二番がオースティン、三番がソトなので、警戒される2人は四球も増えてくるはずです。走者がたまった場面で僕が打席に立つ機会は多いと思います。さらにチャンスに強い打者になっていきたいですね。

──昨年は11試合で四番に座っていますが、四番打者は打線の“顔”として見られます。

佐野 四番に座ると「プレッシャーを感じる?」と聞かれることは多いですが、そうした重圧や周囲の声を弾き返せるくらいの数字を残さないといけないと思っています。この位置を任せてもらっている監督の期待にも、絶対に応えたいと思っています。

──今シーズンから横浜スタジアムには左翼にウィング席が新設されるなどリニューアルしています。

佐野 キャンプから帰ってきて、久しぶりにハマスタでプレーしましたが、やっぱりいいですね。新しく左翼にもウィング席ができて、外野を守っていると景色が違うように感じられます。それだけに、余計にお客さんがいないオープン戦でプレーすることに違和感を覚えました。毎試合、あれだけ満員にしていただいているファンが一人もいないわけですから。いっぱいのスタンドの前でプレーするのが待ち遠しいです。もしかしたら、スタンドができたことで上空の風も変化するかもしれませんね。開幕前までにはしっかりチェックして、慣れておくつもりです。

──開幕は延期となってしまいましたが、チームはどんな雰囲気ですか。

佐野 今までとは異なる状況での開幕となりそうですが、シーズンに向けて選手それぞれが100%の状態になるよう準備しています。チーム内はいつもどおり、ベイスターズらしく明るく、いい雰囲気です。昨年までは筒香さんが開幕前にチームを鼓舞してきましたが、僕も何かできればいいかなと考えています。

──最後に、今年の抱負を聞かせてください。

佐野 チームは昨年2位だったので、リーグ優勝、日本一を目指します。僕個人としては、シーズンを通して試合に出て、チームの戦力となり、頂点をつかみたい。目標は四番で全試合出場。誰にも奪われないようにやっていくつもりです。


PROFILE
さの・けいた●1994年11月28日生まれ。岡山県出身。178cm88kg。右投左打。広陵高では捕手として主軸を担うも甲子園には出場できなかった。明大では主に一塁手として2年春から出場機会を得て、六大学リーグ通算は63試合、54安打、6本塁打、33打点、打率.270。2017年にドラフト9位でDeNAに入団し、3年目の昨季、一軍に定着。今季からキャプテンを務める。叔父はダイエー、西武などで活躍した佐々木誠(現鹿児島城西高監督)

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング