週刊ベースボールONLINE

SPECIAL CROSS TALK

高木豊×真中満 2020年セ・リーグ順位DeNA1位予想解説者対談 やっぱ、今年は優勝でしょ!

 

先週号で12人の野球解説者に今季の予想をしてもらった。その中で、高木豊氏と真中満氏の2人だけがDeNAをセ・リーグの1位と予想。今回は1位にした根拠をあらためて語り合ってもらった。実は昨年もDeNAを1位にしたという両氏。今年こそは的中させたいところだ。
取材・構成=椎屋博幸 写真=桜井ひとし、BBM

高木豊


筒香が抜けたことで「和」が生まれる


 どう考えても団子状態のセ・リーグ。抜け出すのはDeNAだという2人が、冷静な野球解説者の眼力で、しっかりとベイを分析していく。

――先週号でお2人だけ今季セ・リーグの予想でDeNAを1位に予想されました。その理由を聞かせてください。

高木 え? 順位予想をした12人の中で、僕と真中だけが1位予想なの? みんな見る目がないなあ。戦力は足りないと思うけど、勝ちそうな気がするんだよね、僕は。ラミレス監督が佐野(佐野恵太)を四番に据える考えには疑問符が付くけど、それでも優勝するんじゃないかな。

真中 投手陣の戦力は他球団と比べたときに充実している、と思うんですよね。抑えの山崎(山崎康晃)と、先発の今永(今永昇太)が柱でしっかりしていることが大きいと思います。

真中満


高木 今年のDeNAのキーワードは“柔軟性”だと思う。筒香(筒香嘉智)が抜けた中で佐野を四番に。でも彼が打てなくなったら、簡単に四番を代えられる。そういう柔軟性を含めて期待しているんだよね。前田健太(ツインズ)や菊池(菊池雄星=マリナーズ)、浅村(浅村栄斗=楽天)が抜けた後、広島西武はどうなりました? 優勝しましたよね。そこに「和」ができる。それに期待しています。

真中 すごいですね、豊さん、野球解説者のような語りをしていますね(笑)。

高木 一応、解説者という肩書で仕事はさせてもらっているんでね(笑)。まあ、筒香がよくチームをまとめていたと思うけど、まだどこかでバラバラ感があった。一方で、筒香の調子が悪くてもスタメンから外せないというのもあった。そこを含め今年は柔軟な対応が出来上がっていく。その柔軟性に期待したいね。

真中 僕は、新外国人のオースティンがいるので、打線の力が落ちることはない、と見ていますし、去年よりいい打撃陣になると思うんですよね。昨季までロペスとソトは、必ず試合に出ていましたが、オースティンが入ることで、外国人枠の問題で危機感が2人の中に芽生えるんじゃないかと。豊さんがおっしゃったとおり、柔軟性のある打線を作れると思っています。

高木 オースティンは打つと思うね。打撃のとき軸がしっかりしているから。

真中 ラミレス監督も期待しているし、もしかしたらソトよりも打つんじゃないかという期待もあります。ロペスにとってもいい刺激になると思いますね。

高木 (中継ぎの)エスコバーが出遅れているようなので、開幕から3人ともスタメンの可能性は高いと思うよ。

真中 そうですね、その可能性のほうが高いですよね。でも開幕延期になったので、開幕時にエスコバーが間に合うようなら、打撃の状態次第でロペスが外れるのかなあ、と思っています。

高木 ロペスはスランプが長い打者だから、そこにオースティンがいることで外しやすい状況になる。それが僕の言う柔軟性なんだよね。

真中 筒香は精神的支柱でもありました。でもそういう人が抜けると・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング