週刊ベースボールONLINE

時代を変える若者たち 高卒ルーキー伝説

【再録】松坂大輔(西武)×イチロー(当時オリックス) スーパースター・ミレニアム対談 新たなる伝説の始まり(2000年1月17日号)

 

1999年、イチロー松坂大輔という宿命のライバルの対決を終えて、オフにスペシャル対談を行った。「新たなる伝説の始まり」と題したスーパースター対談。その模様を再編集してお届けする。


“まずは”対戦したかった?


――松坂投手は入団会見で対戦してみたい打者として、イチロー選手を挙げていました。

松坂 そりゃもう、誰もが認める一番のバッターだと思って。

イチロー 直接、彼の言葉で聞いたわけじゃないんですけど、新聞に雑誌の広告がありますよね。そこに「まずはイチローと対戦したい」って書いてあったんですよ。“まずは”だコラー! 最後じゃないのか、と。だけど、3三振したでしょ。そりゃ“まずは”だなあと思いました。

松坂 いや、僕は“まずは”なんて言ってないですよ(笑)。

――初対決の球場は超満員でした。

イチロー 日本シリーズをやって以来の感覚でしたね。

松坂 やっぱり僕とイチローさんの初対決っていうのをたくさんの人が見に来たいと思ったんでしょう。

――第1打席は思い出します?

イチロー 捕手の中嶋(中嶋聡)さんと会話したのを覚えている。「いい投手だから、良くても悪くても褒めてやってくれ」と言っていました。このときの気持ちは全然、普通だった?

松坂 普通じゃないです。やっぱり、気持ちの盛り上がりはありました。チームがオリックスと試合をやっても、ほかのピッチャーがいつも投げていたので。“やっと対決できる”という楽しみな気持ちがありました。

――結果は三振。

イチロー 技術的なことを言えば・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング