週刊ベースボールONLINE

時代を変える若者たち 高卒ルーキー伝説

ROOKIES 2020 いざ、開幕へ 新しきスターの未来予想図【セ・リーグ編】

 

2020年の注目新人はもちろん、佐々木朗希奥川恭伸石川昂弥だけではない。潜在能力たっぷりの原石たちがデビューの日を夢見ている。ここからは高卒ルーキーを一挙に紹介する。

巨人・堀田賢慎



 岩手県花巻市出身で、同地に縁のある大谷翔平(エンゼルス)や佐々木朗希(ロッテ)に迫る逸材と期待されていたのだが……。新人合同自主トレ中に右ヒジの違和感を訴え、状態はその後も好転せず。4月2日に右ヒジじん帯再建手術を受けた。ドライチが試合で1球も投じないまま大きな決断を下したわけだが、今後はリハビリ次第か。

DeNA・田部隼人


田部隼人内野手


 高校時代には公式戦通算打率.409を残した身長185センチの大型遊撃手。2月25日の中日二軍との練習試合(読谷)では、松葉貴大から3ランを左翼スタンドへ運び、長打力を見せつけた。しかしながら、本人は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング