週刊ベースボールONLINE

球団別捕手事情2020

中日・“強肩”加藤が一歩リード。才能ある若手も続々台頭中

 

「谷繁後」の正捕手確立が長年の課題となっている中日。それでも潜在能力を感じさせる個性派が台頭しており、レギュラー争いの中で、それぞれがレベルアップを画策している。

加藤は強肩だけでなく、すべての面でアピールする


激しい競争は続く


 春季キャンプが始まる前、伊東勤ヘッドコーチはこう断言した。「まだ捕手にレギュラー選手はいない」。現役時代、西武の黄金期に正捕手を務めた男が、捕手陣に注ぐ目は人一倍厳しい。それに直面にしたのが、昨季最も多く先発マスクをかぶった大卒6年目の加藤匠馬だった。

 伊東ヘッドは就任した2018年オフ、秋季キャンプを終えると「甲斐(甲斐拓也ソフトバンク)の肩が目立っているけど、匹敵するくらいの選手がいた」とつぶやいた。それが同年に一軍試合出場ゼロの加藤だった。その期待に応えるように、過去3年で一軍試合出場5試合にとどまっていた無名の存在から、92試合出場と劇的な飛躍を遂げた。

 伊東ヘッドの厳しい言葉は期待の裏返しなのだろう。オープン戦初戦となった2月22日の阪神戦(北谷)、先発マスクをかぶった加藤が3投手をリードして6失点を喫すると、「覇気がない。自分を見つめ直してほしい」と無期限二軍降格を通達した。

 二軍では気持ちを入れ直し、とにかく元気を出して猛アピールしたという加藤は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング