週刊ベースボールONLINE

2020ドラフト特集 注目選手クローズアップ【社会人編】

藤井聖(JX-ENEOS・投手) 「4人目」を目指す150キロ左腕の使命 「個々が負けず嫌い。彼らの存在があったからこそ、成長できた」

 

東洋大でともに汗を流した同級生3投手が、一昨年のドラフトで指名を受けた。自身は4年間でリーグ戦未勝利に終わったが、昨年入社した社会人で素材を開花。会社に恩返しをした上で「プロ」を見据えている。
取材・文=岡本朋祐 写真=大賀章好

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、現在は限られた環境、時間内で汗を流している。写真は3月20日過ぎ、全体練習時に撮影したものだ


 2018年10月25日のドラフト当日、藤井聖は東洋大白山キャンパスでチームメートの指名をじっと待っていた。上茶谷大河(DeNA1位)、甲斐野央(ソフトバンク1位)、梅津晃大(中日2位)、そして、最後に主将・中川圭太オリックス7位で名前が呼ばれた。プロ志望届を提出した4人全員に吉報が届き、記念撮影がスタート。4年間、苦楽をともにした同級生を心から祝福している。

「中川の真後ろにいました。テレビにも、もろに映っていたようで恥ずかしかったです……(苦笑)。2年後は自分が、と思いました」

 両手を突き上げガッツポーズし、当事者よりも喜んでいるように見えるが、目立ちたかったわけではない。お互いを認め合う間柄だったからこそ、素直な感情が出たのである。

 プロへ進んだ上茶谷、甲斐野、梅津の右腕3人以外にも、同年の東洋大は藤井を含めた左腕3人もベンチ入り。4年生6人が投手陣の軸だった。2学年下で16年春のセンバツ優勝投手の村上頌樹(現4年・智弁学園高)も1年時には年間3勝を挙げたが、“6人衆”がいた2年時は春秋で6試合(0勝1敗)の登板。20年のドラフト候補右腕でさえも影に隠れるほど、当時の東洋大の投手スタッフは層が厚かった。150キロ左腕・藤井は4年間、東都大学リーグ戦10試合の登板で未勝利に終わっている。

「3年時まで指導していただいた高橋昭雄監督も『46年やってきたが、同学年で6人の投手がメンバーにいるのは例がない』と言っていました。いま、社会人でプレーしている中田浩貴(日本通運)と阿部博光(SUBARU)はライバル視していますし、負けたくありません。5人の投手とも目的意識が高い。こんなエピソードも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング