週刊ベースボールONLINE

12球団エース列伝

西武・途切れたエースの魂が再び継承されていくか/12球団エース列伝

 

ここでは球団別の「エースの系譜」をたどっていく。チームを幾多の栄光に導いた者、低迷期を孤軍奮闘で支えた者……。彼らがなぜ「エース」と呼ばれたのか、あらためて考えてみたい。
※エース選定は編集部、通算成績は他球団含む

松坂大輔

在籍1999―2006、20/NPB通算114勝65敗1S、防御率3.04


松坂の15勝15敗


 1950年代後半からの西鉄黄金時代にエースとして君臨した稲尾和久は、かつて次のように語っていた。「エースはチームの要請に応じられるだけの登板数、内容を見せるべき。仮に体力的にきつくても、必要となれば投げなければならない」。獅子のエースに求められるのは、まさに大黒柱の役割。熱き魂が自然と受け継がれたのか、時を経た2000年代、松坂大輔がそれを体現した。

 特にプロ3年目の01年だ。松坂が残した数字は15勝15敗。最多勝を獲得しながら最多敗投手に沈んだ。沢村賞にも輝いたが、勝率5割での最多勝獲得は史上3人目の最低勝率だった。優勝も近鉄にさらわれてチームは2位に。当然、満足感に浸れなかったが、松坂の言葉にはしびれた・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング