週刊ベースボールONLINE

12球団エース列伝

ソフトバンク・スタイルを貫き、理想を形にするのがエース/12球団エース列伝

 

ここでは球団別の「エースの系譜」をたどっていく。チームを幾多の栄光に導いた者、低迷期を孤軍奮闘で支えた者……。彼らがなぜ「エース」と呼ばれたのか、あらためて考えてみたい。
※エース選定は編集部、通算成績は他球団含む

杉浦忠

在籍1958-70/通算187勝106敗、防御率2.39


南海黄金期の2人


 エースと言えど、一時代をたった一人で背負ってきたという投手は多くはない。1年目からチームの先頭に立ち南海黄金時代を代表するエースとなった杉浦忠にも、しのぎを削ったチームメート、良きライバルがいた。

 1958年に入団した杉浦は、1年目から27勝を挙げると、2年目には38勝(4敗)と驚異的な成績を残して、その地位を不動のものに。特に巨人との日本シリーズでの4連投4連勝、日本一に導く力投は、チームの柱としての気迫がみなぎっていた。64年まで7年連続2ケタ勝利で、球団歴代2位の通算187勝を挙げている。

 では、1位は? それこそが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング