週刊ベースボールONLINE

我が愛しのスタジアム

東京ドーム 日本初の屋根付き球場で日本代表戦の“聖地”

 

例年なら開幕から2カ月が過ぎ、熱戦が展開されているはずだったが、新型コロナウイルスがわれわれから球音をも奪ってしまった。それでも日本プロ野球の開幕は、まもなくだ。当面は無観客試合が続く予定だが、いよいよ2020年シーズンが始まる。野球が恋しい、早く野球場に行きたい、そんな読者に贈る「球場物語」。


 空気膜構造屋根を持つアメリカのメトロドーム(MLBミネソタ・ツインズなどの本拠地で1982年に開場も、老朽化に伴い2014年に解体)をモデルとして設計された、日本で初めての全天候型野球場で、工事期間1036日、延べ23万700人が工事に携わり、88年に完成した。卵のような外観から“BIG EGG”の愛称が付けられた(現在は使用せず)。すぐ隣にあった後楽園球場からの移転で、開場年から巨人日本ハム(札幌移転の03年まで)の本拠地として使用される。野球以外にはプロレスなどの格闘技、音楽のライブ・コンサートや展示会など、さまざまなイベントが開催されている。完成当時は12球団の本拠地の中で屈指の広さを誇ったが、その後、4つのドーム球場が完成するなど、現在はむしろ本塁打が出やすい狭い球場に。

 開場から32年の間にさまざまな改良が行われ、02年に人工芝を天然芝の感触に近いフィールドターフに切り替えて選手の負担を軽減(その後、何度か改良)、05年には・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング