週刊ベースボールONLINE

開幕カードで垣間見えた「明」と「暗」

課題の投手陣に光明。獅子がV3に向けて発進

 

無観客ながら、全国各地のスタジアムでプロ野球の熱戦が繰り広げられた。120試合に短縮された異例のシーズン各チームはどんな形で滑り出したのか。そして、特別な思いや収穫、誤算は見られたのか。開幕3カード1試合をピックアップし、各チームの「焦点」に迫った。
※情報は6月21日現在。写真=高原由佳

チャンスで三振に倒れる王。五番起用の期待に応えられなかった


3連覇を目指す西武がストロングポイントの強力打線だけでなく、投手陣もまずまずの力を発揮。一方の日本ハムは勝ち越しはしたが、打線のつながりに課題を残した。

【Fの焦点】封じられた「大王」


 相手の先発はニール。昨季の対戦成績も4試合で0勝3敗と苦しめられた。チームは初回からこの難敵に一番の西川遥輝が10球、二番の大田泰示が7球とヒットこそ打てなかったが、粘りを見せて1回だけで助っ人右腕に20球を投げさせた。その影響も少なからずあったと思われる2回表、先頭の中田翔が左翼線に二塁打。無死二塁の絶好のチャンスを作る。打席には五番・王柏融有原航平が抜群の立ち上がりを見せていただけに、ここで先制できるか否かが大きな分岐点だった。

 だが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング