週刊ベースボールONLINE

開幕カードで垣間見えた「明」と「暗」

今年のH×Mも熱戦の予感!? 初戦を決めたのはH期待の星

 

無観客ながら、全国各地のスタジアムでプロ野球の熱戦が繰り広げられた。120試合に短縮された異例のシーズン各チームはどんな形で滑り出したのか。そして、特別な思いや収穫、誤算は見られたのか。開幕3カード1試合をピックアップし、各チームの「焦点」に迫った。
※情報は6月21日現在。写真=湯浅芳昭

左翼手・長谷川の捕球時には、荻野は三塁を回っていた


昨季、ロッテ相手に大きく負け越したソフトバンク。2年連続苦汁をなめるわけにはいかない。今年の直接対決の流れを占う上で重要な初戦。若鷹の渾身の一打が嫌なムードを吹き飛ばした。

【Mの焦点】好機を潰したミス


 9回二死から同点に追いつく粘りも及ばず、延長10回サヨナラ負け。昨季の日本一チームに善戦しただけに、主導権を握る好機をつぶしたことが悔やまれた。流れをつかみ損ねた最初のミスは7回表だ。

 先頭・荻野貴司が左翼への二塁打で先制の好機をつくると、次打者・レアードの左翼前への鋭い打球で荻野がスタートを切る。だが、ソフトバンクの左翼手・長谷川勇也がダイビング捕球し・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング