週刊ベースボールONLINE

2020を待ちわびた男たち インタビュー

中日・大島洋平インタビュー 竜が誇るオールラウンドプレーヤー 「優勝という結果でドラゴンズに恩返しがしたい」

 

常に目の前のことにベストを尽くしてきた。その姿勢は今年も変わらない。打って走って守る。経験豊富なベテランが背中でチームを引っ張り、2011年以来遠のいている覇権奪回を目指す。
取材・構成=牧野正 写真=内田孝治、高塩隆、榎本郁也、太田裕史

下半身の張りで練習試合のラスト4試合を欠場。それでも開幕スタメンには名を連ね、開幕3連戦はすべての試合で安打を放った


1500安打は通過点一番にこだわりはない


 がむしゃらに駆け抜けた10年だった。入団1年目から一軍に定着して1442安打を積み上げた。3年目の2012年には盗塁王、昨年は最多安打のタイトルを獲得。攻守走の三拍子そろったレギュラーとして、もはやチームに確固たる地位を築いている。今年で35歳を迎えるが力の衰えは少しも感じていない。大島洋平のプロ11年目が始まった。

──待ちに待ったシーズンが始まります。今の率直な気持ちから教えてください。

大島 世の中がまだ自粛傾向にある中で、こうしてプロ野球がほかのスポーツに先んじて開幕できたというのは良かったと思いますし、同時に大きな責任を感じています。ほかのスポーツのいいお手本になるような、そんな感じでシーズンを戦っていけたらと思っています。自分としては「やっとやれる」という気持ちよりは、どちらかと言うと「やらせていただく」という感じですね。

──開幕が3カ月も遅れたことで調整が難しかったのではないですか。

大島 限られた時間の中でやらないといけなかったですからね。自分なりに試行錯誤しながら調整を続けてきましたが、ある意味、開き直っていた部分もありました。なるようになるだろうと。

──今年は特殊なシーズンとなりますが、6連戦が続く120試合制については、どう感じていますか。

大島 正直、すごくしんどいなと。技術面というよりも体、スタミナ面が心配ですね。これほど練習量が取れない中で(シーズンを)始めたことはないので、やっぱりケガが怖いですね。急に走ったり、逆を突いたりと、そういった突発的なケガですよね。

──通算1500安打も迫っていますが、そのあたりの意識は?

大島 一つの目安としては持っています。(3月開幕なら)最初は5月、6月あたりで達成できるかなと思っていましたが、今はそれが延びたかなという程度ですね。これは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング