週刊ベースボールONLINE

開幕カードで垣間見えた「明」と「暗」

連覇のカギを握る巨人打線が阪神必勝パターンをストップ

 

無観客ながら、全国各地のスタジアムでプロ野球の熱戦が繰り広げられた。120試合に短縮された異例のシーズン各チームはどんな形で滑り出したのか。そして、特別な思いや収穫、誤算は見られたのか。開幕3カード1試合をピックアップし、各チームの「焦点」に迫った。
※情報は6月21日現在。写真=小山真司

ケガで出遅れ、滑り込みで開幕に間に合った岩崎[左]。その不安が投球に出てしまった……


連覇を目指す巨人が本拠地で好スタートを切った。開幕戦は両エースのしびれる投げ合いも、要所で巨人打線が加点。阪神は期待のリリーフ陣が崩れた。

【Tの焦点】盤石の継投のはずが……


 昨季作り上げた勝ちパターンで開幕戦を手にしたつもりだった。開幕投手の西勇輝は先制のソロ本塁打に追加点となるタイムリーを放ち2打点。しかも6回まで97球1失点の好投を見せていた。

 しかし、矢野耀大監督は7回に勝ちパターンのリリーフ、岩崎優をマウンドに送る。昨季は48試合登板で防御率1.01という圧倒的な数字を残していた。しかも昨季6回までリードしていた中での試合は45勝4敗4分けの勝率.918という絶対的な数字が残っていた。

 今季もこの流れで勝利をつかみ、チームのムードを盛り上げていくところだった。しかし、心配も・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング