週刊ベースボールONLINE

光り輝いたルーキーの記憶

オリックス・衝撃度大の即戦力に下位指名からの“下克上”も

 

ここからは球団別にルーキーの活躍を紹介する。彼らがプロ1年目に残した成績と衝撃は、どれほど大きなインパクトがあったのか。
※【数字】はドラフト順位。(新)は新人王。年齢はその年の満年齢。セーブは1974年以降、ホールドは2005年以降の選手が対象

日本シリーズでも1勝2セーブの活躍でMVPを獲得


小さな剛球右腕


 入団前年の1984年のロサンゼルス五輪では主将で三番として金メダルに貢献し、85年ドラ1で阪急に入団した熊野輝光が新人年に12本塁打。77年に7勝を挙げて日本シリーズでも先発マウンドに上がった佐藤義則と、ほかにも新人王に輝いた選手はいるものの、衝撃度で言えば、75年のドラ1右腕・山口高志が一番だろう。

 身長169センチながら、山口が投じたボールは唸りを上げる。1年目の春季キャンプでボールを受けた捕手・河村健一郎は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング