週刊ベースボールONLINE

光り輝いたルーキーの記憶

中日・輝く権藤の35勝&近藤の初登板ノーヒットノーラン

 

ここからは球団別にルーキーの活躍を紹介する。彼らがプロ1年目に残した成績と衝撃は、どれほど大きなインパクトがあったのか。
※【数字】はドラフト順位。(新)は新人王。年齢はその年の満年齢。セーブは1974年以降、ホールドは2005年以降の選手が対象

権藤博巨人の誘いを蹴って中日に入団。連投に次ぐ連投で310奪三振


権藤、権藤、雨、権藤


 権藤博の1年目の活躍は凄まじかった。全130試合の半分以上となる69試合に登板。うち44試合が先発だった。3試合に1試合は先発だった計算になる。35勝をチームにもたらし、投球回数は2リーグ誕生後では最多記録となる429回1/3。防御率は驚異の1.70だった。連投に次ぐ連投で「権藤、権藤、雨、権藤」のキャッチフレーズが生まれたのは有名な話だ。権藤にとって悔やまれるのは、優勝した巨人を上回る72勝を挙げながら、チームが2位に終わったことだろう。それでも記憶にも記録にも残る中日史上最強のルーキーに間違いない。

 PL学園高から入団してきた立浪和義は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング