週刊ベースボールONLINE

疾走!ダイヤモンドを駆けるスピードスター

阪神・近本光司 打撃不振でも盗塁数はトップ!加速し続ける虎の韋駄天

 

ここでは過去に盗塁王にも輝いたことがある3選手をクローズアップ。相手の厳しいマークをかいくぐり、ダイヤモンドを疾走するスピードスターたち。彼らが塁に出れば何かが起こる!
写真=早浪章弘、BBM ※成績は7月25日現在


 2年目のジンクスにはまっているのか、打撃部門では規定打席到達者の中で下位の打率.194。それでありながら盗塁は「8」でリーグトップ。やはり足では球界トップクラスのスピードスターだ。近本の特長は、リードのときに右足を一、二塁線上からややライト側へ引いた、オープン気味でスタンスを取るところだ。近本の体自体、両足のつま先が、右側に向いているため、その体形では走る際にこのオープンスタンスのリードが一番力が発揮しやすいという。しかし、このスタイルだと・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング