週刊ベースボールONLINE

LIONS SPIRIT

源田壮亮コラム「リードはけん制の不安が消えるくらいで。真っすぐ走ることも心掛けています」

 


捕手はあまり気にしない


 盗塁を成功させるために最も大切なのは準備だと思います。塁に出てからいろいろ考えるのでは遅い。相手投手のクセを把握しておくことはもちろん、しっかり走れるように体を整えておく。さらに、試合が始まってからでもほかの選手と情報交換をし、ベンチから投手をじっくりと観察をする。出塁したとき、まったく何も考えることなく、スタートを切るだけでいい状況にしておくことが究極でしょう。

 塁上で構えているときは当然、ガチガチに力んでいるわけではなく、かといって、すごく脱力しているわけではありません。人それぞれだと思いますけど、一番動きやすい力の入れ具合を心掛けています。

 リードしているとき、投手によって違いますけど、基本的には・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング