週刊ベースボールONLINE

12球団 盗塁&走塁事情

巨人・走塁改革継続中!求めるは量より質

 

試合の流れを大きく引き寄せる機動力。12球団で最も盗塁、走塁に力を入れて戦っているのはどこなのか?各チームの思惑と、走塁が光ったシーンを見ていく。
※チーム総合機動力はA〜Dで現段階の評価。原稿内の情報と成績はすべて7月25日現在

重信慎之介:昨季はチーム2位の14盗塁。今季は打撃好調ではあるものの走る機会が少ない……


 原辰徳監督が4年ぶりに復帰して以降、走塁面の強化に力を入れてきた。昨季は現役時代、指揮官に代走のスペシャリストとして重用され、228盗塁を記録した鈴木尚広氏を走塁担当に迎え入れてキャンプから鈴木道場を開講(ペナントレース後に退団)。積極的に次の塁を陥れる意識が浸透し、増田大、重信ら4人の2ケタ盗塁成功者が誕生している。レギュラー陣に目を移すと、昨季12盗塁の丸、6年連続2ケタ盗塁もあった坂本や亀井が盗塁の機会をうかがう程度で、全員が走れるわけでは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング