週刊ベースボールONLINE

高校野球、最強世代を探せ!

森友哉が語る00年代最強「大谷・藤浪世代」 春夏連覇と2人の剛腕

 

00年以降で最強に挙げられるのが「大谷・藤浪世代」だろう。花巻東で160キロをマークした大谷翔平、大阪桐蔭のエースとして甲子園春夏連覇を遂げた藤浪晋太郎と圧倒的な2人の選手を生み出している。高校時代に捕手として両投手のボールを受けた、一つ下の世代である森友哉に当時の話を聞いた。
取材・文=小林光男 写真=BBM


「大阪大会のほうがきつかった」


 2012年、大阪桐蔭2年だった森友哉はエース・藤浪晋太郎(現阪神)とともに史上7校目となる甲子園春夏連覇を成し遂げた。その強さの秘密を聞くと、森はまずユニフォームを挙げた。

「歴代、強かったですからね。ユニフォームで相手を圧倒できたと思います」

 1991年に夏の甲子園に初出場して以降、11年まで夏は聖地に5度登場し、2度の全国制覇。当然、高校球界の王者として君臨しつつあったチームのユニフォームを身にまとうプライドが森らナインに自然と芽生えるのだろう。だからセンバツで優勝を遂げても、チーム内に達成感から緩んだ空気が流れることもなかったという。

「あくまで春夏連覇というのが目標やったので。通過点という感じです」と森も満足することがなかった。センバツ後、藤浪も次のように語っていることからも、それは分かる。「優勝を経験して変わったものがあるとしたら・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング