週刊ベースボールONLINE

高校野球、最強世代を探せ!

夏の甲子園出場 全303選手カタログ【2006年】

 

ここでは12球団の現役選手+現役メジャー・リーガーの中から、夏の甲子園に出場経験のある303選手を、出場年度別に一挙紹介しよう。高校時代の初々しい姿をぜひ、お楽しみください。
出場歴は夏の大会のみ。複数大会出場の選手は、上の年次で出場した大会に掲載。記録等は2020年7月31日時点。出場時の写真がない場合、センバツなどの他大会、練習時の写真を掲載

2006年(第88回大会)優勝 早実[西東京]


早実・斎藤佑樹(3年時優勝)

引き分け再試合となった駒大苫小牧との死闘を制して優勝。甘いマスクの「ハンカチ王子」として、一躍時の人となった


駒大苫小牧・田中将大(3年時準優勝、2年時優勝)

2年夏は25回2/3を投げ大会連覇に貢献。エースで主将の3年夏は、早実との決勝再試合に敗れる[最後の打者]も準V


八重山商工・大嶺祐太(3年時3回戦)

3回戦で敗れるも、威力十分の直球で印象を与えた。ナインは学童チーム「八島マリンズ」からのチームメートということでも話題に


開星・梶谷隆幸(3年時1回戦)

「一番・遊撃」で3年夏に甲子園の土を踏むが、1回戦で姿を消した。攻守で感じられた高い身体能力は当時から話題だった


関西・上田剛史(3年時1回戦、2年時2回戦)

2年春から4季連続甲子園出場。3年夏は文星芸大付との1回戦で、9回に3点差をひっくり返されサヨナラ負け


愛工大名電・堂上直倫・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング