週刊ベースボールONLINE

編集部選定 2000〜20年 世代No.3

中田世代 異次元の力を発揮した「高校BIG3」

 

2000年代以降のNo.1に選出した2012年の「大谷・藤浪世代」に負けない強烈なインパクトを残したのが、田中将大らが躍進した「中田世代」。ここからはNo.2以降の世代を紹介していこう。

中田翔 05夏、06夏、07春

大阪桐蔭高―日本ハム08(1)


 平成のスタートは厳密に言えば前年の1988年生まれとなるが、世代すべてが平成生まれとなったのがこの89年だ。甲子園でも新たなスターが続々と台頭し、中でも1年夏から規格外のスケールを見せつけたのが大阪桐蔭の中田翔(現日本ハム)。投げては最速147キロ右腕、打っても高校通算87本塁打のスラッガーとしてこの年代の象徴的な存在となった。集大成となる最後の夏は大阪大会で敗退となったが、残したインパクトは絶大だった。

 そんな中田とともに当時“高校BIG3”と呼ばれたのが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング