週刊ベースボールONLINE

編集部選定 2000〜20年 世代No.5

ダルビッシュ世代 超高校級投手たちが競演

 

2000年代以降のNo.1に選出した2012年の「大谷・藤浪世代」に負けない強烈なインパクトを残したのが、田中将大らが躍進した「マー君世代」。ここからはNo.2以降の世代を紹介していこう。

ダルビッシュ有 03春、03夏、04春、04夏

東北高―日本ハム05(1)―レンジャーズ12―ドジャース17―カブス18


 1986年生まれのこの世代をけん引しているのが東北高のダルビッシュ有(現カブス)だ。2年時に春夏連続で甲子園出場を果たし、春には2回戦の熊工でノーヒットノーランも達成するなど、ポテンシャルの違いを見せつけた。最後の夏は熱戦の末に3回戦で千葉経大付に敗退。最後の打者としてゲームセットを迎えたが、その表情にはすべてを出し切った笑顔が垣間見えた。

 ほかにはダルビッシュの好敵手であり、プロ入り後も交友関係を築いて・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング