週刊ベースボールONLINE

SPECIAL INTERVIEW Dynamic

中日・アリエル・マルティネス インタビュー 謙虚なカリビアン 「練習でも試合でも、自分はできるんだと信じ続けていたよ」

 

今シーズンの活躍をいったい誰が予想できただろう。開幕前は、まだ育成選手として背番号210を着けていた。キューバからやって来た来日3年目の大型捕手は、7月1日に支配下登録をされると大きな輝きを見せつける。外国人捕手として注目を浴び、力強いバッティングを披露。チームメートから「ワチョ(スペイン語で田舎者の意)」と呼ばれる男は、今やチームに欠かせぬ存在となった。
取材・構成=坂本匠 写真=小山真司、桜井ひとし、BBM

突然のブレークで一躍、注目の的となった。甘いマスクも人気の理由だ


訪れたチャンス


 190センチ95キロの巨体を揺らし、キューバからやって来たのは2018年3月のことだ。与えられた背番号は3ケタの210。育成選手として日本で2年を過ごしたのち、今年新たに育成契約を結んだ。昨年オフのキューバ・リーグで右ヒザを痛めたこともあり、春季キャンプはリハビリ組。だが、来日3年目を迎えたアリエル・マルティネスは漲(みなぎ)っていた。チャンスをもらえれば、今年こそ結果を出してみせる。開幕はファームで迎えたものの、ソイロ・アルモンテの故障からすぐにチャンスが巡ってきた。待望の支配下登録。喜びは大きかったが、それ以上に気合いが入った。

──支配下登録されてから1カ月が経ちました。見事な活躍ですね。

マルティネス(以下A.M) 今年の初めは右ヒザの故障もあったけれど、準備をしっかりと積んできた。そしてタイミングよく(支配下登録の)チャンスをもらえたことに感謝している。ここまでの成績については満足しているし、心身ともに充実しているのが大きな理由だと思う。いい状態でゲームに臨めているんだ。

──来日3年目にして初めて支配下登録されたときの気持ちを教えてください。

A.M 素直にうれしかった。(外国人枠の問題で)簡単になれるとは思っていなかったし、ずいぶんと苦労もしてきたからね。57番のユニフォームに袖を通したときは、ようやく支配下選手になれたんだという実感が湧いてきた。そのときはうれしい気持ちと緊張感が入り混じって複雑な気持ちにもなったよ。とにかく第一歩が踏み出せたという意味でうれしかった。

──ここまでの成績は出来過ぎですか?それともこれくらいはやれる自信はありましたか?

A.M 自分はできると信じていた。いつだってそうだ。その自信がこういう結果につながっていると思うし、今年はずっと体中に力が漲(みなぎ)っているのを感じていたから。

──あなたが2年間もファームにいたとは信じられません。どんな気持ちで過ごしていたのですか?

A.M 難しい状況だったことは確かだね。ただ、自分はいつもポジティブに考えてきたし、考えるようにしていた。練習でも試合でも、自分はできるんだと信じ続けていたよ。

──今年こそという気持ちは強かったのではありませんか?

A.M 厳しい状況だったのは間違いないけど、昨年のシーズンが終わったあとにキューバに戻り、地元のチーム(マタンサス)に入って毎試合のように出場させてもらったのが大きかったと思う。チームメートやコーチからずいぶんと励まされたし、メンタル的なアドバイスも受けた。それで試合で活躍できたし、同じ気持ちで日本でもやってやろうと思えたんだ。それが良かった。

キャッチャーとしてのスキルを磨いて投手陣からの信頼を得た。言葉の壁はそれほど大きな問題ではない。左は梅津


キューバから日本へ


 故郷はキューバのマタンサス州。首都ハバナから東へ約90キロ離れたところにある農村地帯だ。キューバの男の子なら誰でもそうであるように、マルティネスも少年時代は野球を楽しんで育った。マルティネスが生まれた96年はキューバがアトランタ五輪で金メダルを獲得した年でもある。決勝の相手は日本だった。当時のキューバが世界一の強豪国だったのは間違いなく、キューバのナショナルチームはマルティネスにとって誇りであり、プロの夢を膨らませる大きなモチベーションにもなった。

──野球を始めた年齢ときっかけを教えてください。

A.M 6〜7歳のころだったと思う。僕が小さいころというのは、いやその前から、ご存じのようにキューバの野球は世界一だった。だからそういう環境にあったということだよ。キューバの子どもたちというのは、生まれたときからみんな野球選手になりたい、そう思って育っていくんだ。

──野球を始めたころからキャッチャーでしたか?

A.M 最初はサードだった。それからファーストを守って……ピッチャーもやった。キャッチャーを正式にやり出したのは9歳くらいだったと記憶している。

──プロになりたいと思ったのはいつごろですか?

A.M キューバでは12歳になるとスポーツでレベルが高く、可能性のある選手はスポーツの専門学校に入ることができる。自分もそこに入って中学、高校の6年間を過ごした。だから将来はきっと野球選手になるだろうなと思っていた。

──当時、あこがれたプロ野球選手はいますか?

A.M もちろん。ユリエスキ・グリエル(元DeNA)、フレデリク・セペダ(元巨人)、捕手で言えばアリエル・ぺスタノかな(3人ともキューバ選手)。アリエルはキューバチームの正捕手を務めていたから、彼が目標だった。

──日本へ行くことに迷いはありませんでしたか?

A.M キューバの若い選手は世界各国でプロになりたいという思いが強い。アメリカにはなかなか行ける状況ではないから、日本を含めたアジアでね。中にはキューバという国を捨ててアメリカに行く仲間もいたけど、自分はそういうことはしたくなかった。キューバという国が大好きだし、国を捨てることなどできないからね。そんなときにドラゴンズからオファーがあったんだ。

──即決でしたか?

A.M 迷わなかった。すぐに飛びついた。オファーがあればすぐに決断しなければならない。チャンスがあれば行こう、行きたいとは思っていたしね。ただ実際、日本のことをもっと知っていたら、いろいろと考えたかもしれない。

──というのは?

A.M あまり深く考えていなかったということだね。実際に日本に来てみて、キューバとの距離、言葉の壁、生活や文化の違いに戸惑った。家族と離れて過ごすことは、とても寂しいことだった……そういうことが分かっていれば、もっと悩んだかもしれないということだ。ただ最初は苦労したけどすぐに慣れたよ。同じ歳のライデル(ライデル・マルティネス)がいてくれたのは大きかった。

──育成契約だったことに不満はありませんでしたか?

A.M そこはまったく考えもしなかった。自分はまだ若いし、もっと勉強したい、学びたいと思っていたからね。日本で経験を積んで成長したいと思った。それに一生懸命に頑張れば、将来的には必ず支配下登録されるという気持ちもあったから。

──そのとおりになりましたね。

A.M 1年が経っても2年が経っても、なかなかチャンスが来なくて考え込んでしまう時間もあったけれど、そこで最後まであきらめないで練習を続けたからこそ今があるし、状況は大きく変わったんだと思う。

まだまだ学ぶべきことは多いが、正捕手になれる要素は兼ね備えている。肩の強さも魅力だ


チーム状態は悪くない


 支配下登録からわずか1カ月で大きな存在感を示した。得点力不足に泣く貧打のドラゴンズ打線において、マルティネスの打撃力は欠かせない。となると問題は今後の起用方針になるだろう。ここまでの戦い方を見ていると、首脳陣はマルティネスの正捕手固定を考えてはいない。木下拓哉加藤匠馬らとの併用になる。ファームでは数試合守っているファーストには主砲ビシエドがおり、常時出場なら外野への挑戦も考えられる。あるいは代打の切り札か。アルモンテが故障から復帰した場合も含め、その起用法はチーム浮上の大きなカギとなりそうだ。

──キャッチャーへのこだわりは強いですか?

A.M キューバではキャッチャー以外もやっていたし、ダブルヘッダーのときは1試合目がキャッチャーで、2試合目はファーストをやったりしていた。言いたいことは分かるよ。何よりも大事なことはスターティングメンバーに名を連ねること。キャッチャーでなければ嫌だという気持ちはまったくない。

──キャッチャーの魅力は、どんなところだと思いますか?

A.M ピッチャーと同じでゲームを任せられること。動かすことができること。チームの勝敗の重要な部分を握っているところにやりがいを感じている。

──そう言えば四番に座った試合で本塁打を打ちました(7月22日巨人戦/ナゴヤドーム)。四番に座った気持ちは特別でしたか?

A.M 特に何も感じなかった。それよりもうれしかったのは、僕の練習や試合での状態を見て、首脳陣がそう判断してくれたということだ。

長打力のある打撃は大きな武器。広角に打ち分けられる技術も高い


──チームは下位に沈んで苦しんでいますが、浮上するためにはあなたの活躍が必要だと思います。

A.M チーム状態は決して悪くないし、以前に比べると調子は上がってきている。リズムも悪くないしね。みんなが力を合わせれば、もっともっとよくなると思う。

──ビシエド、ライデル、ヤリエル・ロドリゲスと同じチームにキューバ選手が多いのは大きいですか?

A.M もちろん。同郷の仲間がいるというのは心強いし、孤独だと感じることがないからね。母国語で挨拶(あいさつ)できるというのは落ち着くよ。いい環境にいると感じられる。

── 一軍で活躍するようになって何か大きく変わりましたか?

A.M 特に何も変わっていない。ただ、ファンの声援というものを以前よりも強く感じるようになった。

──最後に美人のフィアンセについて教えてください!

A.M 自分で言うのも照れくさいけど綺麗な人(笑)。

──「2人がすれ違ったときに恋に落ちた」と聞きましたが、それは本当ですか?

A.M 間違ってはないね(笑)。お互い違う場所に住んでいたんだけど、彼女が住んでいる街で試合があって、そこで出会ったんだ。日本に来る5カ月前のことだよ。ずっと遠距離恋愛だったから、今は日本で同居できてとても幸せだ。彼女がいなければ今の活躍はなかった。それは間違いない。何よりも大切な人だよ。

編集部選 マルティネスがブレークしたあの試合!


初スタメンで猛打賞

7月5日 対巨人戦[東京ドーム] 6対4


 外国人捕手として日本球界では29年ぶりとなる先発マスクを被り、先発の梅津晃大を大きなジェスチャーで盛り上げた。八番打者としては来日初安打を含む3安打。すべてレフト前に力強い打球を運んだ。敵将・原辰徳監督も「バッティングもシュアだし、手ごわいね」と口にした。巨人との同一カード3連敗を阻止し、初のスタメン起用に応えた攻守にわたるこの日の活躍が、アリエルの新しいスタートとなった。


PROFILE
アリエル・マルティネス●1996年5月28日生まれ。キューバ・マタンサス州出身。190cm95kg。右投右打。コマンダンテ・マヌエル・ピティ・ファハルド体育大から17年に国内リーグのマタンサスに所属し、18年3月に育成選手(背番号210)として中日入団。18年はウエスタンに39試合出場、打率.239、0本塁打、9打点。19年は52試合出場、打率.257、2本塁打、21打点。今年の開幕もファームで迎えて3試合に出場、9打数5安打2本塁打の成績を残したところで支配下登録、一軍デビューとなった

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング