週刊ベースボールONLINE

躍動感あふれる助っ人たち 2020外国人特集

ZOOM-UP チームを勝利に導くニューパワー【パ・リーグ編】

 

ペナント開幕から存在感を発揮する新助っ人たち。ここからはパ・リーグのニューパワーをズームアップ!
※掲載したのは一軍出場選手のみ。
[チーム貢献度の評価基準(A〜C)]
・A+&A=主軸打者として打率が3割近く、打撃部門の10位以内、主軸投手なら先発ローテ、勝ちパターンの中継ぎ、クローザーとして活躍中
・B+=主軸ではなくてもレギュラーとして貢献している打者、2勝以上を挙げている選手
・B=負けパターンのリリーフ、左投手のときはベンチなどの選手
・C+&C=もう少し頑張らないと二軍落ちの危機……


楽天・シャギワ 速球派右腕の復権なるか


チーム貢献度 B

写真=井沢雄一郎


 最速158キロのストレートとスライダー、そして高速で動くツーシームが武器となる。入団時の石井一久GMの見立てでは「1イニングをドミネート(支配)できるストレートの強さ、変化球のキレがある」だった。実際にデビューから7試合連続無安打無失点と順調に滑り出した。しかし7月8日のソフトバンク戦(PayPayドーム)で柳田悠岐に初被弾、初失点を喫すると、10日の同カードでは延長10回、同じ相手にサヨナラ被弾。ここから歯車が微妙に狂い始めた。

 7月28日のロッテ戦(ZOZOマリン)では同点の延長10回に死球、安打などで一死満塁のピンチを迎え、最後は押し出し死球でサヨナラ負け。クローザーの森原康平が不調で二軍降格、さらに7回を任される予定だったシャギワも不安定で、救援陣の不安を露呈する要因となっている。勝利の方程式に定着するためには・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング