週刊ベースボールONLINE

12球団2カ月検診

【本誌選定】序盤戦の新人王

 

最後に選んだのが序盤戦の新人王。どちらもまだ決め手を欠くが、期待値込みで選出した。

【パ・リーグ】安田尚憲 四番定着で得点圏打率が急上昇


ロッテ/内野手[写真=井田新輔]


打率.233、3本塁打、23打点、盗塁0

 新人王の資格も残る高卒3年目が抜てきに応え、ブレークの兆しを見せている。開幕から打率が1割にも満たず苦しんでいた21歳を、井口資仁監督は「チャンスで打てるバッター」と四番に据えた。意図どおり安田尚憲が奮起。プロ入り初の四番に座った7月21日の西武戦(メットライフ)で先制打を放ち、四番定着以降の24試合で打率は.273ながら18打点を・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング