週刊ベースボールONLINE

グラブを語れ

ミズノ・岸本耕作(グラブマイスター)インタビュー イチローをうなずかせるために。

 

作業工程のほぼ大部分が手作業であり、経験がモノを言う。グラブ作りは「匠」の世界だ。そんな職人気質があふれる業界において第一人者として知られるのがミズノの岸本耕作氏。イチローを担当したことでも知られるグラブマイスターが作業の現場、試行錯誤の日々を振り返る。
取材・構成=滝川和臣 写真=BBM、ミズノ株式会社


選手の要求に対する理解力


 ミズノでグラブマイスターの称号を与えられたグラブ作りの第一人者も、入社間もないころは量産体制で一つの工程を担っていた。その後、キャリアを積みプロ野球選手のグラブを担当。そこでは、選手の独特な表現、感覚を理解することに苦労したという。

――現在、担当されているプロ野球の選手を教えてください。

岸本 人数は多くありませんが、巨人の坂本(坂本勇人)選手や、阪神の福留(福留孝介)選手のグラブですね。ほかにも、最終作業の型付け、紐を通す作業はプロの選手を中心に担当しています。

――入社されたのは1976年。

岸本 地元の兵庫県・波賀町にミズノのグラブ工場ができ、私が通っていた高校に就職の募集があったという縁で入社しました。中学、高校では野球部に所属していましたが、弱小チームでした。グラブをオーダーするという時代でもありませんでしたから先輩から古いグラブをもらって、大事に使っていました。そう考えると、アマチュアでもオーダー・グラブが多い現在の状況は、当時からすれば夢のような世界ですね。

――入社してすぐにグラブを担当された。

岸本 グラブ製作は設計図となる型紙を元に作られ、グラブ一つあたり約30パーツほどで構成され、組み立てられます。入社直後は、量産グラブの「ハトメ打ち」という工程を担当しました。今はもうなくなりましたが、昔は捕球面の手入れ口の部分に、金具のような物を打って補強していました。入社以来、工場は定番品を作っていたので量産の工程を担っていましたが、波賀工場でオーダー・グラブもやるようになり、95年ごろからプロのグラブにも少しずつ関わるようになりました。

――量産と、プロのオーダーではグラブ作りに違いはありますか?

岸本 プロのグラブは、ただ作るだけでは選手には使ってもらえません。要望に応じていく必要がありますが、関わるようになったばかりのころは、私の理解力が足りず、選手が要求するニュアンスを汲み取るのが難しかったですね。「もう少し大きく」とか「フィット感が欲しい」という言い回しがほとんどで、「あと何ミリ大きく、小さく」等の具体的な数値では表現されません。材料である革に関しても「しっとり感がほしい」だとか、感覚的な部分が多い。それを私自身が理解して、形にしていかなければ納得してもらうことはできませんでした。

――それは経験を重ねて、感覚で覚えていくものですか。

岸本 そうですね。グラブの場合、5ミリ、10ミリというサイズ変更が多いのですが、5ミリというのがだいたい選手の感覚で言う“一回り”大きくする、小さくするというサイズ感です。そこから選手がイメージするサイズにたどり着く感じです。

――最初に担当されたのが野村謙二郎さん(元広島)のグラブでした。

岸本 野村さんは、素材に対するこだわりがある方でした。私も革選びの段階から意識してやっていたんですが、2度、3度とグラブを持参して足を運んでも、なかなか野村さんのイメージに合う物ができなかったですね。最終的には野村さんの納得するグラブを使っていただくことができましたが、いい経験となりました。

試作を繰り返し70〜80個


 昨年引退したイチロー(元マリナーズほか)はキャリアを通じてミズノのグラブを愛用した。自分が納得できるプレーを生涯追い求めた孤高の存在は、使う道具にも一切の妥協を許さなかった。06年から担当となった岸本氏もイチローのグラブ作りを通して多くのことを学んだ。

――前任の名人・坪田信義氏からイチロー選手の担当を引き継いだのが06年からでした。

岸本 担当することに決まると、不安が多かったです。グラブというのは同じ人間が作ってもどうしてもバラつきがあるものです。極端に言えば同じ型紙から同じように作っても、まったくの別物になる可能性があるわけです。

――作り手が変わると、それほど変わるものなんですね。

岸本 グラブ作りにはさまざまな工程がありますが、クセというか、無意識でやってしまうことがけっこうあるんです。例えば、手を入れる裏のパーツに何度も手を入れたり、その積み重ねが、グラブをはめたときの感じに違いとなって表れる。また材料を選ぶ際には、素手の感覚で選びますが、そこでも個人差があるものです。見た目は変わらないのですが、グラブをはめてみると別物だと感じることはよくあることです。

イチローはミズノのグラブで10年連続MLBでゴールドグラブ賞を獲得


――イチローさんのグラブは、06年に年間を通じて50個を作って、6個を持参されたそうですね。

岸本 イチローさんへの訪問日が決まっていたので、それに向けて何度も何度も作り直して準備しました。ところが、持参した6個とも受け取ってもらえませんでした。手にはしていただいたんですが、首をかしげるような仕草で「ストレスを感じる」と独特な表現をされました。

――それに対して、どう対処しようと。

岸本 その6個を抱えてアメリカから帰国しましたが、何より使えるものをイチローさんに渡さないといけないという使命があったので、次の約束をとりつけました。そして、イチローさんの言葉を自分なりに解釈して作り直しました。自分なりにこだわってやりましたが、やったつもりになっていたんでしょうね。手入れ感だとか、求めている物に達していなかった。それと、これが一番大きな部分ですが、自分の中で前任の坪田さんのグラブをマネしている部分があったんです。同じやり方を踏襲しても、まったく同じ物はできません。であるなら、グラブ作りの基本に立ち返り、自分のやり方でやろうとイメージを作り直しました。

――2度目の訪問はいかがでしたか。

岸本 06年の11月、そのときも6個を持って行きました。1つだけ、「キャッチボールで使ってみます」と言って受け取ってもらった。その後、少し使っていただいたようですが、07年のキャンプ前に神戸での自主トレ中に足を運ぶと、「(使ってみたグラブは)ダメでした」と言われ、返却されてしまったんです。「柔らかく使える感じがなくなりました」と。そこからイチローさんから会社に連絡があって「(前任者である)坪田さんに作ってもらえないか」とのことでした。ショックというか……情けなかったですね。

――さらに試行錯誤は続いた。

岸本 それからも開幕前に何度かイチローさんの元に足を運んで意見を聞いたりしましたが、結局、07年のシーズンは坪田さんが作ったグラブでイチローさんは開幕を迎えられました。5月ごろに、再びアメリカにグラブを持って行き、そのときは1つだけお渡しできました。その後、オールスター直前に再び3個持参しましたが、その3つはダメ。それでも、5月にお渡ししたグラブを「オールスターで使ってみます」と言っていただいた。そして、「オールスターで良ければ、後半戦も使います」と。で、実際に07年のオールスターでやっと私が作ったグラブを実戦で使っていただき、その後、公式戦でも使っていただくようになりました。

イチローは、2007年のオールスターで初めて岸本のグラブを試合で使った/写真=Getty Images


――イチローさんは道具選びに妥協がなかった。

岸本 だいたい20〜30個を作った中から1つを選んで使っていただくという具合ですね。それは2019年に引退されるまで続きました。練習で使っていく過程で自分のイメージと違うとなると、絶対に試合では使わなかったですね。私はシーズンが始まると、3個ずつ定期的にアメリカにお送りしていたんです。そこから1つ使うこともあれば、3つともダメなときもあった。だから発送と同時に、すぐに次の3つの製作がスタートするような感じでしたね。

――イチローさんとの長いやり取りの間、作り手として何を学びましたか。

岸本 前提としてミズノとして対応していかなければならないというのがありました。06年に担当したときも、私はマイスターという立場であり、代わりがきかない立場でした。ミズノとして、絶対にやり遂げなければなりません。自分の思いだけで作ってはダメだということを、イチローさんのグラブを作る過程で身についていった感じはあります。

――では、一番印象深かった瞬間は?

岸本 「オールスターで使ってみます」とイチローさんに言っていただいたときですね。試合で使うと言ってくれたのは初めてだったし、うれしかったですね。その時点までに70〜80個くらいグラブを作っていましたから。

イチローのメジャー時代のグラブ


子どもたちにミズノのグラブを


 機械化された物作りの現場において、グラブ製作は今なお人の手による部分が多く、そこには人の思いが込められる。今後、岸本氏はどんなグラブを作っていくのか。

――グラブ作りの現場は、昔と今で変化ありますか。

岸本 アマチュアからプロまで、グラブを捕球しやすいように自分で型付けをするのが苦手な選手が多いように感じます。型付けされた、すぐに使えるグラブというのが主流になっていますね。スポーツ用品店でも仕上げをしてお客様にお渡ししたり、工場のほうでも柔らかくします。しかし、自分で型付けから行い、道具を育てるようなことが醍醐味でもありますし、私はそうした作業が好きでしたね。愛着を持てば道具は長く使えます。まあ、時代の流れなんでしょうかね。

――変わっていない部分は。

岸本 工程はまったく変わってません。ミズノでは、裁断工程でCADを使うようになったのが唯一変わった部分です。コンピュータに型紙を入力して自動化しています。それ以外は私の入社以来変わってないです。ミシンも使いますが、ほとんどが人の手によるものです。それだけ人の思いもグラブには込められると思っています。

――今後どのようなグラブをつくっていきたいですか。

岸本 少子化が叫ばれていますが、グラブのメーカーは小さなものを含めれば60〜70社と乱立する時代です。私たちも先輩から受け継いだ技術を継承して、これから野球を始める子どもたちにミズノのグラブを手にとってもらえるようにしていきたいですね。

PROFILE
ミズノテクニクス株式会社
波賀工場
試作開発課
製品開発&トップフォロー担当
グラブマイスター
岸本耕作●1957年8月12日生まれ。兵庫県宍粟郡波賀町(現宍粟市)出身。高校卒業と同時にミズノ入社。入社よりグラブ作りに携わる。現在はプロ、別注を中心にグラブ製作・監修を担当する

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング