週刊ベースボールONLINE

グラブを語れ

7ポジション別巧者のグラブ3 一塁手・J.ロペス

 

プロフェッショナルたちは、グラブ選びにこだわり、日ごろのメンテナンスにも細心の注意を払う。すべては勝負どころの1プレーで最高のパフォーマンスを発揮するためだ。まずは、各ポジションの巧者たちに“商売道具”を紹介してもらおう。
取材・構成=滝川和臣 写真=BBM

情が生んだ名手のミット引退まで使い続ける決意


GLOVE エスエスケイ

巨人時代に古城から譲り受けた一塁ミット。ジャイアンツの球団ロゴがそのまま残る。SSKマーク周辺のシルバー部分が元のカラー


 アメリカでは主に二塁や三塁を守っていたから、2013年に来日して巨人に入団したとき、一塁手をやるつもりはなかったのでミットの用意がなかったんだ。それで、一塁を守ることになった際にチームメートだった古城さん(古城茂幸、現巨人コーチ)が「これ使いなよ」と自分のミットを差し出してくれた。そのグラブがこれさ。1試合を守ったあとに、古城さんから「もう自由にしていいよ」という言葉とともに譲り受けた。その時点で使い込んだグラブではあったけれど、手にハメた感触もよく、すごくに気に入ってベイスターズに移籍した現在まで、ずっと使い続けているんだ。私が使い始めてから、今年で8年目になるね。

 一塁ミットを選ぶときに、大切にしているのがサイズ感。大き過ぎると扱いにくくなってしまうので、ハンドリング重視で小さめが好みかな。古城さんのミットで気に入っているのが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング