週刊ベースボールONLINE

Reliever Interview

ヤクルト・清水昇インタビュー 逃げるな、怖がるな 「逃げ腰になった時点で、試合終盤に投げる投手の資格はない」

 

1年目に先発、中継ぎを経験してのプロ2年目。いまだ白星はないが、それでも8回のマウンドを任され、リーグトップの16ホールドを挙げられているのは、石井弘寿コーチからセットアッパーとしての“極意”を授かったからだ。
取材・構成=依田真衣子 写真=小山真司、桜井ひとし
(成績等は8月30日時点)

1イニングを抑え切れば、自然とガッツポーズが出てしまう


感じる“投げ甲斐”


──今季は中継ぎとして、リーグトップの16ホールドを挙げています。8回のマウンドを任される思いはどうですか。

清水 やっぱり緊張する場面で行くことが多いので、打たれちゃいけないっていう気持ちもあるんですけど、打たれてもいいから何とか抑えようという気持ちではいます。

──たとえ走者を出しても、ホームにかえさないことが大事、と。

清水 そうですね。どうしても、打たれちゃダメってマイナスな思考になってしまうと、良くない方向に行ってしまうので。昨シーズンはそういう気持ちがありました。今年は、もし先頭に打たれてしまっても、次の打者を抑えればいい、と。そうやって、次の打者に意識を切り替えながら投げています。

──登板数はチームトップの27試合です。疲れはありませんか。

清水 こうしてずっと一軍で投げ続けるのは初めてのことなので、すごく投げ甲斐を感じています。なので、そういう部分で疲れは感じていないですね。

──セットアッパーに、やりがいを感じている、と。

清水 厳しい部分もあるポジションですけど・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング