週刊ベースボールONLINE

12球団別「勝利の方程式」事情

我がチームの必勝リレー【ロッテ・日本ハム・オリックス】

 

今シーズンは120試合制の短期決戦。終盤までリードしている試合は確実にものにしたい。その近道となるのが盤石の継投、必勝リレーだ。各球団の勝利の方程式、その現状を紹介する。
※記録はすべて8月27日現在。△は左投げ

千葉ロッテマリーンズ


必勝リレー防御率 1.73(チーム防御率4.49)


中継ぎ 唐川侑己
11試合/0勝0敗0S5H/防0.00

中継ぎ ハーマン
25試合/3勝1敗0S17H/防2.16

抑え 益田直也
27試合/1勝2敗17S3H/防2.05

不測の事態を感じさせぬ安定感


 先発防御率はリーグ5位の4.51とあって、上位争いに加わっている一因にブルペン陣の奮闘がある。抑えの益田は昨季から不動。その9回につなぐ継投が昨季からの課題だった中で、オフに最速154キロ右腕のハーマンを楽天から獲得し、広島で実績のあるジャクソンをメジャーから招き入れて救援陣を補強した。

 開幕から7回・ハーマン、8回・ジャクソン、9回・益田の勝ち継投を確立。足を絡めた攻撃で、試合中盤から終盤に逆転するケースも多く、しっかりと“勝ち継投”が機能して着実に勝利を重ねていった。そんな中で7月にジャクソンが大麻所持で逮捕され、緊急退団という不測の事態となるも、配置転換と代役の奮闘でカバー。ハーマンを8回に回し、7回を任された唐川が抜群の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング