週刊ベースボールONLINE

球史に残る名リリーバー

ソフトバンク・D.サファテ キングの帰還を、待っている 「みんな僕のことを信頼してくれている。だからこそ、自分の力を存分に発揮できる」

 

「キング」という称号にふさわしい数々の記録、タイトルを獲得してきた助っ人クローザー。栄光から一転、ここ数年ケガで苦しみ続ける右腕は、本当にこのまま引退してしまうのだろうか……。
文=田尻耕太郎(スポーツライター)、写真=佐藤真一、BBM

一軍のマウンドを目指して、2020年は2月の春季キャンプにも初日から参加。ブルペンでも精力的に投げ込みを行い、調整は順調かと思われたが……


日本のおかげ


 暫時(ざんじ)の気の迷いだったのか、それとも揺るぎない決意なのか――。

 確かなのはデニス・サファテの告白が突然で、その内容があまりに衝撃的だったという事実だ。手術歴のある右股関節の検査のため8月7日にアメリカへ帰国してまもなく、自身のフェイスブックに「私にとって、最後の試合はすでに終えた」と現役引退を示唆する投稿をしたのだ。

 同箇所にメスを入れたのが2018年4月。大変な手術だったが、復帰を目指して長いリハビリに努めてきた。昨年、さらに今年もオープン戦では登板を果たした。だが、われわれが期待するサファテの球ではなかった。その苦しみや悔しさは、彼自身が誰より痛感していたはずだ。

 その後、自主練習期間中に家庭の事情により一時アメリカに戻っていたが、向こうでトレーニングはばっちり行っていた。証明するように再来日してから7月4日にチームに合流すると、すぐにブルペン投球を行い元気なところをアピール。だが、その矢先、右股間節痛を再発したという。日常生活にも支障が出るほどの痛みを伴うようになっていた。

 ただ一方で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング