週刊ベースボールONLINE

2020変化球特集

変化球誌上レクチャー DeNA・大貫晋一『ツーシーム』「カウントを稼ぐ、ゴロを打たせる」

 

開幕から先発ローテでフル稼働。5連勝を飾った2年目右腕の組み立ては、ツーシームとスプリットのコンビネーションにある。ピッチングの引き立て役となるツーシームの使い方が興味深い。
取材・構成=滝川和臣 写真=榎本郁也 協力=横浜DeNAベイスターズ


軌道を似せる“偽装球”


 僕のツーシームの軌道は、一つはいわゆるシュートのように右打者の胸元に食い込んでいくボール。もう一つはシンカーに近く(投手から見て)斜め右下に落とします。落とすといっても、スプリットのように空振りを狙うのではなく、少しだけ沈ませる変化球です。打者の反応を見て、「タイミングが合っているな……」と感じたときは、指の間を広げたり、狭めたりして握りを変えて投げています。とはいえ、今年は握り方を変えたこともあり、沈むボールよりも圧倒的にシュート系を投げる割合が多くなっています。ファウルを打たせてストライクを稼ぐカウント球でもあり、ゲッツーが欲しいときにゴロを打たせることもできる。僕にとっては、投球を優位に進めるために欠かせない変化球ですね。

 覚えたのは大学時代。真っすぐに近い球速でカウントを稼げるボールが欲しかったので、習得に取り組みました。ツーシームがあることで投球の幅が広がり、それ以降は組み立ての主体となっていきました。真っすぐとツーシーム、そして空振りを狙うスプリットをうまく組み合わせます。3つの軌道を似せて、打者に狙い球を絞らせないことが投球の軸であり、特に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング