週刊ベースボールONLINE

2020変化球特集

変化球誌上レクチャー ヤクルト・小川泰弘『カットボール』「三振よりも ゴロで打ち取る」

 

ストレートとのわずかな球速差、変化量で打者の打ち損じを狙える。カウント球としても使え、投球の軸となっている。直球同様に自在に操れるのは、投げ方もほとんど変わらないからだ。
取材・構成=依田真衣子 写真=大賀章好 協力=東京ヤクルトスワローズ


指を5ミリずらすだけ


 僕のカットボールは、右打者ならアウトコース低め、左打者ならインコースを攻めるボールです。ストレートと同じくらいの球速が出せるので、バッターに引っ掛けさせたり詰まらせて、内野ゴロ、ファウルを狙います。空振り三振よりも、内野ゴロで打ち取るイメージですね。

 投げる際は、曲げようとして軌道を考えるのではなく、到達点だけをしっかり意識して投げます。コントロール重視でコースに投げ切らないと、一歩間違えたらホームランになるボールなので。でも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング